うたまっぷトップ 歌詞検索
      キーワード歌詞検索はこちら 
コメントを書く コメントを見る
     氷川きよしさんのCDへ   CD      氷川きよしさんの楽譜へ   楽譜  
はてなブックマークに追加   Check 氷川きよしさん『月の法善寺横町』について語ります。

無料歌詞検索サイト うたまっぷ
月の法善寺横町
作詞 十二村哲 
作曲 飯田景応
氷川きよし
庖丁一本 晒(さらし)にまいて
旅へ出るのも 板場の修業
待ってて こいさん
哀しいだろが
ああ 若い二人の
想い出にじむ法善寺
月も未練な 十三夜

「こいさんが私(わて)を初めて法善寺へ連れて来てくれはったのは
『藤よ志』に奉公に上った晩やった。早う立派な板場はんになりいや言うて、
長い事水掛不動さんにお願いしてくれはりましたなァ。
あの晩から私(わて)は、私(わて)はこいさんが好きになりました。」

腕をみがいて 浪花に戻りゃ
晴れて添われる 仲ではないか
お願い こいさん
泣かずにおくれ
ああ いまの私(わて)には
親方はんにすまないが
味の暖簾にゃ 刃が立たぬ

「死ぬほど苦しかった私(わて)らの恋も、親方はんは
許してくれはった。あとはみっちり庖丁の修業を積んで
一人前の料理人になる事や。
な、こいさん、待っててや…。ええな、こいさん。」

意地と恋とを 庖丁にかけて
両手あわせる 水掛不動
さいなら こいさん
しばしの別れ
ああ 夫婦(みょうと)善哉
想い出横町法善寺
名残つきない 燈(ひ)がうるむ

©2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved
うたまっぷ 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

氷川きよしさん『月の法善寺横町』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。




 
公演・出演祝いスタンド花配達
2013年歌詞ランキング500

アニソン歌詞アプリ

歌詞アプリ for iPhone

歌詞アプリ for Android
TOPへ  │  作詞スクール  │  歌詞検索  │  歌詞全文検索・フレーズ検索  │  自作歌詞  │  愛ことば便  │  アーティストクリップ  │  うたまっぷインディーズ  │  俳句・川柳
本日の注目歌詞  │  自作歌詞交流  │  音楽交流・ファン広場  │  楽曲・歌詞コメント集計  │  お問合せ │ 歌詞リクエスト │ 音楽関係リンク │ サイトについて │ プライバシーポリシー