うたまっぷトップ 歌詞検索
      キーワード歌詞検索はこちら 
コメントを書く コメントを見る
     amazarashiさんのCDへ   CD      amazarashiさんの楽譜へ   楽譜  amazarashiさん『冷凍睡眠』を試聴ダウンロードする
はてなブックマークに追加   Check amazarashiさん『冷凍睡眠』について語ります。

無料歌詞検索サイト うたまっぷ
冷凍睡眠
作詞 秋田ひろむ 
作曲 秋田ひろむ
amazarashi
冷えたコンクリート もたれて頬を付ける 目線の先 西日に漂う埃を見る
何を話すでも無く 身動きとれず 僕は下手な絵空事ばかりを ずっと空想する
「もう助からないだろう」 君の父さんが言う 丁度その時 眼を細めて笑う君を思い出す
願えば叶うっていう言葉の空虚さだけが 僕の人生にそれからずっと ぶら下がり続ける

心臓は動いたまま眠り続ける 君がもしも死んだら 僕も死ぬ事が出来ただろうか
あれから数ヶ月 食うや食わずの生活 生きながらに死んでいるって意味では僕も同じだ
この世界からの逃避ばかり考えるのが 癖になり始めた頃に 保険会社の新商品
テレビ ラジオ ネットに 最近目にするコピー 「睡眠中に増える預金」 冷凍睡眠

未だ消えぬ鮮明な美しき日々の色と 幾ら願ってみても決して叶わない事
分かっているが時は絶えた既に手遅れ だからいっそ全部忘れて眠らせてくれ
延命措置によりただ続く寝息も 後ろ髪引かれるだけの断ち切れない糸
堪え難い 悪夢みたい もう忘れたい
いや 忘れない 分からない おやすみなさい

それから六十年 僕は眠り続けて 月日は文字通りの悪夢として過ぎて
流転する万物は 無愛想で 冷め冷めとした態度だが 僕に取っては未だ恩人で
あらゆる景色が変わり 君の病院も無くなり 始めは苦労した暮らしも 今ではなんとかやってる
晴れ晴れしい気持ちで 新しい人生をやり直す 君の事は忘れたよ ってそんなわけはない

美しい様々には魂が宿り その根底の連結で「美しい」は連なり
例えば夕暮れに望郷が蘇る様に 美しい様々が君の面影を呼び
その儚さに脅され続ける日々の果てに 行き着くどん詰まりは やはり生き死にの闇
人は喪失を許容出来る生き物だ だが逃げ出した僕はその限りではない

未だ消えぬ鮮明な美しき日々の色と 幾ら願ってみても決して叶わない事
分かっているが時は絶えた既に手遅れ だからいっそ全部忘れて眠らせてくれ
延命措置によりただ続く寝息も 後ろ髪引かれるだけの断ち切れない糸
堪え難い 悪夢みたい もう忘れたい
いや 忘れない 分からない おやすみなさい

すっかり抜け殻になり 歩く並木道 幻覚か 君にそっくりな女の子を見る
休日の陽射し 賑やかに笑うその声に 限りなく確信に近い 君の面影を見る
やおら女の子が駆け寄って抱きついた 受け止めた そのしわしわの両手に咲いた
あの笑顔はまるで懐かしの絵画か 互いに目を細めて笑う顔は まさに僕の希望だ
それこそが僕の希望だ 夢にまで見た僕の希望だ
これこそが僕の希望だ 失った僕の希望だ

未だ消えぬ鮮明な美しき日々の色と 幾ら願ってみても決して叶わない事
分かっているが時は絶えた既に手遅れ だからいっそ全部忘れて眠らせてくれ
延命措置によりただ続く寝息も 後ろ髪引かれるだけの断ち切れない糸
堪え難い 悪夢みたい もう忘れたい
いや 忘れない 分からない どうすればいい?

冷えたコンクリート もたれて頬を付ける 目線の先 西日に漂う埃を見る
何を話すでも無く 身動きとれず 僕は下手な絵空事ばかりをずっと空想する

下手な絵空事ばかりをずっと空想する

©2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved
うたまっぷ 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

amazarashiさん『冷凍睡眠』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。




 
公演・出演祝いスタンド花配達
オリコンミュージックストアで amazarashiさん『冷凍睡眠』をダウンロードする

アニソン歌詞アプリ

歌詞アプリ for iPhone

歌詞アプリ for Android
TOPへ  │  作詞スクール  │  歌詞検索  │  歌詞全文検索・フレーズ検索  │  自作歌詞  │  愛ことば便  │  アーティストクリップ  │  うたまっぷインディーズ  │  俳句・川柳
本日の注目歌詞  │  自作歌詞交流  │  音楽交流・ファン広場  │  楽曲・歌詞コメント集計  │  お問合せ │ 歌詞リクエスト │ 音楽関係リンク │ サイトについて │ プライバシーポリシー