うたまっぷトップ 歌詞検索
      キーワード歌詞検索はこちら 
コメントを書く コメントを見る
  BOROさんのオフィシャルサイトへ  公式サイト      BOROさんのCDへ   CD      BOROさんの楽譜へ   楽譜  
はてなブックマークに追加   Check BOROさん『弾き語り達へ-ラウンジ美樹にて-』について語ります。

無料歌詞検索サイト うたまっぷ
弾き語り達へ-ラウンジ美樹にて-
作詞 BORO 
作曲 BORO
BORO
最終電車に乗り遅れたよ
一人たたずむ 午前零時のプラットフォーム
歩きはじめた 街灯の下
かれた男の影をひきずりながら

燃え尽きるまで唄う事が
夢だなんて言ってた
気がつけば青春は 季節の流れに色腿せたよう

そうさあれはまだ若かった頃
夢にうかされギターかかえて あの街出たよ
愛してくれたあの人も捨て
これがすべてと 唄い続けたけれど
年老い過ぎた道化師に 似てるなんて言われて
気がつけばこの街は いつでも冷たい風の季節

今日はなぜかさみしくないし 涙もでない
憧れすぎたこの生き方に さよならできそうさ

今日もどこかの色街あたりでは グラス眺めて
ギターつま弾く 道化師達が
かけがえのない 時の中で
酒にひたって 夢を見る

©2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved
うたまっぷ 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

BOROさん『弾き語り達へ-ラウンジ美樹にて-』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。




 
公演・出演祝いスタンド花配達
2013年歌詞ランキング500

アニソン歌詞アプリ

歌詞アプリ for iPhone

歌詞アプリ for Android
TOPへ  │  作詞スクール  │  歌詞検索  │  歌詞全文検索・フレーズ検索  │  自作歌詞  │  愛ことば便  │  アーティストクリップ  │  うたまっぷインディーズ  │  俳句・川柳
本日の注目歌詞  │  自作歌詞交流  │  音楽交流・ファン広場  │  楽曲・歌詞コメント集計  │  お問合せ │ 歌詞リクエスト │ 音楽関係リンク │ サイトについて │ プライバシーポリシー