うたまっぷトップ 歌詞検索
      キーワード歌詞検索はこちら 
コメントを書く コメントを見る
  中条きよしさんのオフィシャルサイトへ  公式サイト      中条きよしさんのCDへ   CD      中条きよしさんの楽譜へ   楽譜  
はてなブックマークに追加   Check 中条きよしさん『三百六十五日』について語ります。

無料歌詞検索サイト うたまっぷ
三百六十五日
作詞 しいの乙吉 
作曲 しいの乙吉
中条きよし
三百六十五日 つかみどころのない街で
あなただけを 頼りに生きた 明日(あした)もみずに
三百六十五日 夢を見たのはいつ頃か
思い出せず 街並みれば 季節は冬か
夕暮れの 人混みの中
似たよな声に ふと足とめる
忘れたふりして いただけなのか
心のどこかで 捨てきれない
あなたへの あなたへの 想いが顔を出す

三百六十五日 春が暦の上にくる
心だけは 季節を読めず 過去(むかし)のままか
三百六十五日 あなたの無邪気な笑い顔
見たのは何時(いつ) 遥かな昨日 指折るばかり
この街を 越せないままに
いつしかなれた 独りの暮し
忘れたふりして いただけなのか
心のどこかで 捨てきれない
あなたへの あなたへの 想いが顔を出す

夕暮れの 人混みの中
似たよな声に ふと足とめる
忘れたふりして いただけなのか
心のどこかで 捨てきれない
あなたへの あなたへの 想いが顔を出す

©2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved
うたまっぷ 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

中条きよしさん『三百六十五日』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。




 
AWA
2013年歌詞ランキング500

アニソン歌詞アプリ

歌詞アプリ for iPhone

歌詞アプリ for Android
TOPへ  │  作詞スクール  │  歌詞検索  │  歌詞全文検索・フレーズ検索  │  自作歌詞  │  愛ことば便  │  アーティストクリップ  │  うたまっぷインディーズ  │  俳句・川柳
本日の注目歌詞  │  自作歌詞交流  │  音楽交流・ファン広場  │  楽曲・歌詞コメント集計  │  お問合せ │ 歌詞リクエスト │ 音楽関係リンク │ サイトについて │ プライバシーポリシー