うたまっぷトップ 歌詞検索
      キーワード歌詞検索はこちら 
コメントを書く コメントを見る
     In 197666さんのCDへ   CD      In 197666さんの楽譜へ   楽譜  
はてなブックマークに追加   Check In 197666さん『街は灯りを消したまま』について語ります。

無料歌詞検索サイト うたまっぷ
街は灯りを消したまま
作詞 西勇輔 
作曲 In 197666
In 197666
独り言 飲み込んで歩いて
星の海を渡る

電車を降りてすぐ
深く吸い込んだ空気が

肺の中で淀んでいた
毒々しい腐った想いを
直ぐに見付けて引き摺りだした

街はまだ灯りを
今日はもう帰ろう
そう言えばここ最近
君の顔を見てないな

手に残る感覚が
まだ鋭く痛んで

肺の中に取り込んだ
最期の一本と決めた
煙草の煙に隠して終う

街にまた灯りが
今日はもう帰ろう
そう言えばここ最近
君の顔を見てないな

街の灯が消える時
息を潜めて
星の海を渡ろう

街はまだ明るいが
今日はもう帰ろう
そう言えばここ最近
君の顔を見てないな

©2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved
うたまっぷ 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

In 197666さん『街は灯りを消したまま』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。




 
AWA
2013年歌詞ランキング500

アニソン歌詞アプリ

歌詞アプリ for iPhone

歌詞アプリ for Android
TOPへ  │  作詞スクール  │  歌詞検索  │  歌詞全文検索・フレーズ検索  │  自作歌詞  │  愛ことば便  │  アーティストクリップ  │  うたまっぷインディーズ  │  俳句・川柳
本日の注目歌詞  │  自作歌詞交流  │  音楽交流・ファン広場  │  楽曲・歌詞コメント集計  │  お問合せ │ 歌詞リクエスト │ 音楽関係リンク │ サイトについて │ プライバシーポリシー