うたまっぷトップ 歌詞検索
      キーワード歌詞検索はこちら 
コメントを書く コメントを見る
     NMB48(山本彩)さんのCDへ   CD      NMB48(山本彩)さんの楽譜へ   楽譜  
はてなブックマークに追加   Check NMB48(山本彩)さん『ジャングルジム』について語ります。

無料歌詞検索サイト うたまっぷ
ジャングルジム
作詞 秋元康 
作曲 酒井康男
NMB48(山本彩)
夜の児童公園 ジャングルジムの上
誰も見てないから スカートで登る

子どもの頃は高く思えた
一番 テッペンに腰掛けたけど
そんなに怖く感じないのは私が大人だから

恋なんか面倒だ
いつもの自分じゃなくなる
もどかしくて
胸のどこかがどよんどよんと暴れている
彼なんかいらないよ
一人きりでいいんだ
ここに来て
あの日の星が
今もずっと手の届かない場所にあるなら・・・

小さなシーソーが右に傾いたまま
降りてしまった人を思い続けてる

巡り逢った時は何も話せず
猫を被って大人しいふりした
こんなに好きになるなんてとっても意外だった

恋なんか苦手だよ
悲しい顔ばかりしている
ただ 切なくて
こんな時間に夜の風に当たりたくなる
ひんやりとしているよ
お尻の下の鉄の棒
こうしてても
きっと あなたは
ジャングルジムに登ったことなど忘れてるでしょう

恋なんか面倒だ
いつもの自分じゃなくなる
もどかしくて
胸のどこかがどよんどよんと暴れている
ジャングルジム 一人きり
仲間外れにされたように
鼻の奥が
じんとして来て
できるならばここからずっと降りたくなかった

©2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved
うたまっぷ 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

NMB48(山本彩)さん『ジャングルジム』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。




 
公演・出演祝いスタンド花配達
2013年歌詞ランキング500

アニソン歌詞アプリ

歌詞アプリ for iPhone

歌詞アプリ for Android
TOPへ  │  作詞スクール  │  歌詞検索  │  歌詞全文検索・フレーズ検索  │  自作歌詞  │  愛ことば便  │  アーティストクリップ  │  うたまっぷインディーズ  │  俳句・川柳
本日の注目歌詞  │  自作歌詞交流  │  音楽交流・ファン広場  │  楽曲・歌詞コメント集計  │  お問合せ │ 歌詞リクエスト │ 音楽関係リンク │ サイトについて │ プライバシーポリシー