うたまっぷトップ 歌詞検索
      キーワード歌詞検索はこちら 
コメントを書く コメントを見る
  V6さんのオフィシャルサイトへ  公式サイト      V6さんのCDへ   CD      V6さんの楽譜へ   楽譜  
はてなブックマークに追加   Check V6さん『線香花火』について語ります。

無料歌詞検索サイト うたまっぷ
線香花火
作詞 櫻井大介 
作曲 櫻井大介
V6
履き下ろす靴にまだ慣れなくて
ブランコも無い公園のベンチに座る

何故だろう 季節外れの匂い漂う
少し寒い夜

いつかの面影と重なった 微かに残った煙の香
自販機で買った温もりを握り 君に逢いたくなった

あの日、儚い花に そっと君が左手添えたように
君のことかばうから いつか消えるその時まで
心配そうにしゃがむ 君がただ愛しくて

始まりはしとやかな灯火(ともしび)も
激しさを重ねて熱く火花を散らす

"もう少し…"、"あと少しだけ"と願いながら
逸らさずに見てる

「キレイだね」と柔らかな表情(かお)で 優しさを細い指に伝えて
少しでも長く 途切れないように まるで二人の想い

あの日、儚い花に そっと君が左手添えた時に
"大事なモノはいつも近くにある" そう思った
二人が離れぬように 残り香が包んでた

愛しき人の名をつぶやく
近くで感じる

あの日、線香花火
落とさぬよう 護る程美しく

あの日、儚い花に そっと君が左手添えたように
君のことかばうから いつか消えるその時まで
本当はいつまでも 続いて欲しいと 君を想うよ
愛しき儚(はかな) ずっと…

©2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved
うたまっぷ 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

V6さん『線香花火』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。




 
公演・出演祝いスタンド花配達
2013年歌詞ランキング500

アニソン歌詞アプリ

歌詞アプリ for iPhone

歌詞アプリ for Android
TOPへ  │  作詞スクール  │  歌詞検索  │  歌詞全文検索・フレーズ検索  │  自作歌詞  │  愛ことば便  │  アーティストクリップ  │  うたまっぷインディーズ  │  俳句・川柳
本日の注目歌詞  │  自作歌詞交流  │  音楽交流・ファン広場  │  楽曲・歌詞コメント集計  │  お問合せ │ 歌詞リクエスト │ 音楽関係リンク │ サイトについて │ プライバシーポリシー