うたまっぷトップ 歌詞検索
      キーワード歌詞検索はこちら 
コメントを書く コメントを見る
     野路由紀子さんのCDへ   CD      野路由紀子さんの楽譜へ   楽譜  
はてなブックマークに追加   Check 野路由紀子さん『私が育った港町』について語ります。

無料歌詞検索サイト うたまっぷ
私が育った港町
作詞 聖川湧 
作曲 聖川湧
野路由紀子
夜汽車のデッキに
涙を捨てて来たつもりですけれど
夜の九時過ぎの港は暗い
カモメもいやしない さみしいものです
また涙にむせぶ人を愛して裏切られ
人につくして 捨てられた
女ですもの
誰にも知らさず 誰にも知られず
帰ってきたのです

小さな港に小さな漁船が
イカリを下ろしてる
ブイの赤い灯も昔のままね 海もまだ青いし
私が育った 海鳴の町は
人の情けがある所
華いだまちの匂いとは違うはずです
夜明けの海を港でむかえるの何年ぶりかしら

群れなす海鳥 岬の灯台
幼ない日々の想い出と
潮の香りがする町へ帰って来ました
きっといい人にめぐり会える様両手を合わせて

©2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved
うたまっぷ 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

野路由紀子さん『私が育った港町』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。




 
公演・出演祝いスタンド花配達
2013年歌詞ランキング500

アニソン歌詞アプリ

歌詞アプリ for iPhone

歌詞アプリ for Android
TOPへ  │  作詞スクール  │  歌詞検索  │  歌詞全文検索・フレーズ検索  │  自作歌詞  │  愛ことば便  │  アーティストクリップ  │  うたまっぷインディーズ  │  俳句・川柳
本日の注目歌詞  │  自作歌詞交流  │  音楽交流・ファン広場  │  楽曲・歌詞コメント集計  │  お問合せ │ 歌詞リクエスト │ 音楽関係リンク │ サイトについて │ プライバシーポリシー