うたまっぷトップ 歌詞検索
      キーワード歌詞検索はこちら 
コメントを書く コメントを見る
  藤巻亮太さんのオフィシャルサイトへ  公式サイト      藤巻亮太さんのCDへ   CD      藤巻亮太さんの楽譜へ   楽譜  藤巻亮太さん『四季追い歌』を試聴ダウンロードする
はてなブックマークに追加   Check 藤巻亮太さん『四季追い歌』について語ります。

無料歌詞検索サイト うたまっぷ
四季追い歌
作詞 藤巻亮太 
作曲 藤巻亮太
藤巻亮太
朝露 一粒分の未来の光
喉の奥の渇きを潤すには足りないけど
おはようって言える誰かを人は探し
ただいまって言える誰かを愛するだろう
花が咲く頃に 空が澄み渡る頃
出会えたらいいね

夏草を追いかけて 落ち葉を集めて
夢がないなら抱き合えばいい
マフラーに顔を寄せて 桜をおくって
愛がなんだか分からなくても

窓の桟に忘れられた古い五円玉
僕らの古いご縁みたいに悲しく笑ってる
行き場をなくした夢を空に放ち
やり場をなくした恋を土に返そう
果実がつくまで 雨が上がるまで
太陽は昇っていくんだ

朝顔の種を蒔いて ススキを揺らして
終わりの先でまた始まる

泣くもんか負けるもんか
夢ならばここにあるだろう
春夏を秋冬を もう二度と出会えぬ今を

夏草を追いかけて 落ち葉を集めて
明日がなくとも今があるだろう
マフラーに風を投げて 桜が笑う
愛とは何か分からなくても
もう一度

©2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved
うたまっぷ 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

藤巻亮太さん『四季追い歌』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。




 
公演・出演祝いスタンド花配達
オリコンミュージックストアで 藤巻亮太さん『四季追い歌』をダウンロードする

アニソン歌詞アプリ

歌詞アプリ for iPhone

歌詞アプリ for Android
TOPへ  │  作詞スクール  │  歌詞検索  │  歌詞全文検索・フレーズ検索  │  自作歌詞  │  愛ことば便  │  アーティストクリップ  │  うたまっぷインディーズ  │  俳句・川柳
本日の注目歌詞  │  自作歌詞交流  │  音楽交流・ファン広場  │  楽曲・歌詞コメント集計  │  お問合せ │ 歌詞リクエスト │ 音楽関係リンク │ サイトについて │ プライバシーポリシー