うたまっぷトップ 歌詞検索
      キーワード歌詞検索はこちら 
コメントを書く コメントを見る
  藤巻亮太さんのオフィシャルサイトへ  公式サイト      藤巻亮太さんのCDへ   CD      藤巻亮太さんの楽譜へ   楽譜  藤巻亮太さん『ベテルギウス』を試聴ダウンロードする
はてなブックマークに追加   Check 藤巻亮太さん『ベテルギウス』について語ります。

無料歌詞検索サイト うたまっぷ
ベテルギウス
作詞 藤巻亮太 
作曲 藤巻亮太
藤巻亮太
木星軌道ほどの大きさで
ベテルギウスの孤独は膨れ上がった
丁度その頃 地球の裏側まで
トンネルを掘って自分を探しに行ったけど
夜明けを待たずに 影とはぐれた

手紙にはこうあった もう探さないで下さい
そういう訳にもいかずまた追いかけた
違う国から国へ 別の街から街へ
本当の自由を手にする旅に価値はあるか
その星を見上げて

そう問いかけた いつからだろう
凍りついた魂をとかす様に

自販機で冷やした心を取り出して
飲み込んだけれど埋まらない喉の奥の砂漠で
僕らの言葉が影になって逃げてく そうやって
いつまで闇に自分を葬り去ってゆくだろう

昼も夜もなく火の玉になって
ベテルギウスはオリオンを飛び出した
何億光年先の僕らの兄弟も
水蒸気になって宇宙にばらまかれた
記憶の砂埃

まき散らして草原を揺らせ
命の風に生まれ変われ

未確認飛行物体に連れて行かれた
僕の影がその星の上 目撃された朝に
光の速さで走って捕まえた
その顔はまるで暗い海の底に湧く真水だった

いくつになっても自分自身と
抱き合えるかな 遅くないかな
喉の奥で影の声が枯れてしまう

誕生日間近のおやすみの言葉も
真夏の空を切り裂く雷鳴の音さえも
こだまする 弾ける 途切れる さすらう
明日の朝 目覚めと共に僕らの背中の向こう側で一つ
星が出来る やがて滅ぶ 影は僕で 僕が影だ
光一つ 闇も一つ 込めて 混ぜて 生まれてきた

©2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved
うたまっぷ 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

藤巻亮太さん『ベテルギウス』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。




 
公演・出演祝いスタンド花配達
オリコンミュージックストアで 藤巻亮太さん『ベテルギウス』をダウンロードする

アニソン歌詞アプリ

歌詞アプリ for iPhone

歌詞アプリ for Android
TOPへ  │  作詞スクール  │  歌詞検索  │  歌詞全文検索・フレーズ検索  │  自作歌詞  │  愛ことば便  │  アーティストクリップ  │  うたまっぷインディーズ  │  俳句・川柳
本日の注目歌詞  │  自作歌詞交流  │  音楽交流・ファン広場  │  楽曲・歌詞コメント集計  │  お問合せ │ 歌詞リクエスト │ 音楽関係リンク │ サイトについて │ プライバシーポリシー