うたまっぷトップ 歌詞検索
      キーワード歌詞検索はこちら 
コメントを書く コメントを見る
  VALSHEさんのオフィシャルサイトへ  公式サイト      VALSHEさんのCDへ   CD      VALSHEさんの楽譜へ   楽譜  VALSHEさん『蒼ノ夏雨』を試聴ダウンロードする
はてなブックマークに追加   Check VALSHEさん『蒼ノ夏雨』について語ります。

無料歌詞検索サイト うたまっぷ
蒼ノ夏雨
作詞 minato 
作曲 minato
VALSHE
静けさが怖くなる程 喧騒に慣れた心は
鈍く光り膜を張って 誰の目にも見えていない

知らずにいられるなら 知らない方がいいと
誰かを庇いながら 遠く離れたあの日々

蒼い夏を溶かす雨 暑く火照った顔を伝う
見えるものの全てから逃げる様に背を向け 水を蹴った
自分がただ嫌いだった過去と何が違う?

泥だらけに汚れた靴 履き替えても湿ったまま
痛む足を隠すことが 誰のためになっていたの?

途中で手放すなら 触れない方がいいと
何を失くした時も深く探さずいた日々

蒼い風とにわか雨 乾いた頬を濡らしてゆく
遅く追いつく心に 本当は後悔で滲んだ嘘
取り留めなく想い出した過去が水溜(いま)に映る

たった数分で降り止んだ雨 通り過ぎた切なさは
晴れ渡るまで ずっと胸の奥を打ち付けるのだろう

Ah 見渡せば広く 思うより近かった居場所(ばしょ)に

蒼い夏に落ちた雨 暑さだけ残し消えてゆく
昨日捨てた絶望も悲しみも虚しさも何もかも
ここからいま歩き出せば 晴れた空が見える?

いつか雨も乾く?

©2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved
うたまっぷ 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

VALSHEさん『蒼ノ夏雨』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。




 
公演・出演祝いスタンド花配達
オリコンミュージックストアで VALSHEさん『蒼ノ夏雨』をダウンロードする

アニソン歌詞アプリ

歌詞アプリ for iPhone

歌詞アプリ for Android
TOPへ  │  作詞スクール  │  歌詞検索  │  歌詞全文検索・フレーズ検索  │  自作歌詞  │  愛ことば便  │  アーティストクリップ  │  うたまっぷインディーズ  │  俳句・川柳
本日の注目歌詞  │  自作歌詞交流  │  音楽交流・ファン広場  │  楽曲・歌詞コメント集計  │  お問合せ │ 歌詞リクエスト │ 音楽関係リンク │ サイトについて │ プライバシーポリシー