うたまっぷトップ 歌詞検索
      キーワード歌詞検索はこちら 
コメントを書く コメントを見る
     赤飯さんのCDへ   CD      赤飯さんの楽譜へ   楽譜  赤飯さん『木彫り鯰と右肩ゾンビ』を試聴ダウンロードする
はてなブックマークに追加   Check 赤飯さん『木彫り鯰と右肩ゾンビ』について語ります。

無料歌詞検索サイト うたまっぷ
木彫り鯰と右肩ゾンビ
作詞 シュラ種種種 
作曲 hanzo
赤飯
売り声轟く城下町 賑わい見せる船祭
カエルと鯰が同時に跳ねれば おれの右肩うずき出す

小さな桐の木箱を担いで 一文銭が宙を舞う
問屋の丁稚が塩振りまいても おれの加速は止まらない

おどろおどろしい右肩は 粋な街並みと不釣り合い
覚えずに巻き起こすつむじ風 もうこれ以上体の一部がゾンビ化ならぬよに

(武鑑読み込む暇もなし)

右肩激しく鼓動するから
味噌焼き田楽が食べづらい
大名屋敷を眺めていると
肩周りの細胞活性化
開ける 嗚嗚嗚 木箱 丑の刻
塩との割合が絶妙な
ゾンビを浄化するお守りさ
何の根拠も無いけど・・
「塩漬けの木彫り鯰」

暮れ六つ知らせる時の鐘
一朱銀が虚空を舞う
藍に染め抜いた商家の暖簾も おれの孤独は拭えまい

おどろおどろしい右肩が 鬼灯行灯に照らされる
覚えずに巻き起こすつむじ風 もうこれ以上体の一部がゾンビ化ならぬよに

(まっこと陽気な町娘)

右肩激しく鼓動するから
味噌焼き田楽が食べづらい
町火消しと纏振り回せば
肩周りの細胞活性化
居抜き 嗚嗚 初太刀が鞘走る
切っ先が木箱の蓋を割る
白銀に輝く匠の品
繊細さがうかがえる
「塩漬けの木彫り鯰」

呉服屋の 若旦那や 道場破りの 無頼派侍
一膳飯屋に 隠密同心 魚の振り売り
奇怪な念仏 せーのっで唱える 暗中模索な 人海戦術
嬉し恥ずかし神頼み

日の出に江戸の街を駆け抜けて
日が沈み佇む柳の下
精気帯びた腕をなでながら
吾妻橋で別れ告げる

念仏が具現化したつむじ風
江戸に潜む邪気を吸い上げる
跳梁跋扈する盗賊たちを
伊勢国あたりまで吹き飛ばす
おれの 嗚嗚嗚 宝物までも
金色の月夜に吸い上げる
頼む返しておくれつむじ風
味噌焼きの田楽と
一朱銀とニ文銭
あ、それと「塩漬けの木彫り鯰」

©2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved
うたまっぷ 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

赤飯さん『木彫り鯰と右肩ゾンビ』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。




 
公演・出演祝いスタンド花配達
オリコンミュージックストアで 赤飯さん『木彫り鯰と右肩ゾンビ』をダウンロードする

アニソン歌詞アプリ

歌詞アプリ for iPhone

歌詞アプリ for Android
TOPへ  │  作詞スクール  │  歌詞検索  │  歌詞全文検索・フレーズ検索  │  自作歌詞  │  愛ことば便  │  アーティストクリップ  │  うたまっぷインディーズ  │  俳句・川柳
本日の注目歌詞  │  自作歌詞交流  │  音楽交流・ファン広場  │  楽曲・歌詞コメント集計  │  お問合せ │ 歌詞リクエスト │ 音楽関係リンク │ サイトについて │ プライバシーポリシー