うたまっぷトップ 歌詞検索
      キーワード歌詞検索はこちら 
コメントを書く コメントを見る
  吉田山田さんのオフィシャルサイトへ  公式サイト      吉田山田さんのCDへ   CD      吉田山田さんの楽譜へ   楽譜  吉田山田さん『春色バスと初恋ベンチ』を試聴ダウンロードする
はてなブックマークに追加   Check 吉田山田さん『春色バスと初恋ベンチ』について語ります。

無料歌詞検索サイト うたまっぷ
春色バスと初恋ベンチ
作詞 吉田山田 
作曲 吉田山田
吉田山田
初めてキミの手握った 桜並木の小さなバス停
制服姿キミと二人 バスを待ってた
あれから5回目の春 僕は少し大人になって
スーツ姿独りぼっち バスを待ってる

初恋だなんて恥ずかしいけどキミがいた季節は確かにトキめいてた

春色のバスはもうここへは来ない
あんなに誰かを好きにはなれない きっと
散りゆく桜 一人眺めては
キミと歩いた青春が浮かんで消える
春越え夏越え秋が過ぎ冬になっても
永遠にキミは僕の春

寝坊して遅刻しては いつもキミに怒られてたっけ
それでもキミはいつだって僕を待っててくれた
一人ベンチに座って 愛しい人を待つ気持ちが
今になってやっと分かって胸がキュンと痛い

あの頃にもし戻れたらとか また弱気な僕を怒ってくれないか

春色のバスはもうここへは来ない
僕を叱るキミの声が聴きたいよ
散りゆく桜 一人眺めては
聴こえるはずもない声に耳をすませる
「そのままでいて」と 声が聴こえた気がした
そう信じていていいですか…?

次のバスにもう乗らなくちゃ 淡い想い出は胸にしまって
春色のバスじゃなくたって 未来へ 笑顔も涙も宝物にして

旅立ちのバスが今ここへ来た
想い出詰まったベンチ もう立ち上がろう
流れてく桜 一人眺めては
キミと歩いた青春が浮かんで消える
春越え夏越え秋が過ぎ冬になっても
永遠にキミは僕の春
心に咲いてる僕の春

©2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved
うたまっぷ 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

吉田山田さん『春色バスと初恋ベンチ』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。




 
公演・出演祝いスタンド花配達
オリコンミュージックストアで 吉田山田さん『春色バスと初恋ベンチ』をダウンロードする

アニソン歌詞アプリ

歌詞アプリ for iPhone

歌詞アプリ for Android
TOPへ  │  作詞スクール  │  歌詞検索  │  歌詞全文検索・フレーズ検索  │  自作歌詞  │  愛ことば便  │  アーティストクリップ  │  うたまっぷインディーズ  │  俳句・川柳
本日の注目歌詞  │  自作歌詞交流  │  音楽交流・ファン広場  │  楽曲・歌詞コメント集計  │  お問合せ │ 歌詞リクエスト │ 音楽関係リンク │ サイトについて │ プライバシーポリシー