うたまっぷトップ 歌詞検索
      キーワード歌詞検索はこちら 
コメントを書く コメントを見る
  堂島孝平さんのオフィシャルサイトへ  公式サイト      堂島孝平さんのCDへ   CD      堂島孝平さんの楽譜へ   楽譜  
はてなブックマークに追加   Check 堂島孝平さん『25才』について語ります。

無料歌詞検索サイト うたまっぷ
25才
作詞 堂島孝平 
作曲 堂島孝平
堂島孝平
AH 昨日昔の仲間が急に 結婚するって電話くれたぜ
彼女がいるなんて聞いてなくて 少しだけ時間(とき)と距離を感じた

東京に出て暮らしつづけて もうずいぶんと経ってるのさ
気がつけばとっくにオトナだけど カッコイイオトナかは分からない

カッコ悪いコトならば蟻のように 群がってくるのはなぜだ
こないだもチャリンコ盗まれて まったく俺はツイてないぜ

夜中に探しに行ったけど シアワセと同じように出てきやしない
仕事があるから式に出れない 祝ってやれなくてゴメン

何もできない 今よりも少し 今よりも少し マシになりたい
その術さえ 分からないまま 気づけぬまま 明日をたぐり寄せて
オレたちはまだ若い

はっきりいって25才にもなると なんかしくじっちゃった時には
とりかえしのつかないような そんな気になってしょうがないんだ

時々鏡の前に立つと「このままで平気か?」ってよく思う
不安はまるでスナイパーのように どこからか狙ってくるのさ

週末に映画館へ「ショコラ」というのを観に行ったら
48の座席しかない 96の瞳の数

そのうちのひとりになれなかった そのうちのひとりになれなかった
そのうちのひとりになれなかった 不安が胸をよぎった

何もできない 今よりも少し 今よりも少し マシになりたい
その術さえ 分からないまま 気づけぬまま 明日をたぐり寄せて
オレたちはまだ若い

コンビニに行く途中ですれ違った
少年が吹くリコーダーの高らかな音色
コンビニに行く途中で思い出した
あの頃の秘密基地のありか

クイーンズに住んでる兄貴は 新しいバイトをはじめて
新しい景色を見ている 新しい目で見ている 新しい自分になってく

あの少年のように まだ夕陽が味方だった頃のように
夢中になれることがあることが とてもスバラシク思えるのさ

真夜中にひとり 部屋で誰のためかも分からずに
誰が聴くかも分からないのに 歌を作ってる俺はいったい?

今までこの体から飛び出していった いくつものコトバ
今までこの体から飛び出していった いくつものメロディー

ひとりの友達は音楽をやめて 故郷へ帰った
ひとりの友達は仕事をやめたいとばかり願って

かつての友達にこの歌が響いてくれますように
オレたちはまだ若い オレたちにできることはなんだ?

今よりも少し 今よりも少し マシになりたい
その術さえ 分からないまま 気づけぬまま 明日をたぐり寄せて

25 blues!

©2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved
うたまっぷ 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

堂島孝平さん『25才』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。




 
公演・出演祝いスタンド花配達
2013年歌詞ランキング500

アニソン歌詞アプリ

歌詞アプリ for iPhone

歌詞アプリ for Android
TOPへ  │  作詞スクール  │  歌詞検索  │  歌詞全文検索・フレーズ検索  │  自作歌詞  │  愛ことば便  │  アーティストクリップ  │  うたまっぷインディーズ  │  俳句・川柳
本日の注目歌詞  │  自作歌詞交流  │  音楽交流・ファン広場  │  楽曲・歌詞コメント集計  │  お問合せ │ 歌詞リクエスト │ 音楽関係リンク │ サイトについて │ プライバシーポリシー