うたまっぷトップ 歌詞検索
      キーワード歌詞検索はこちら 
コメントを書く コメントを見る
     Galileo GalileiさんのCDへ   CD      Galileo Galileiさんの楽譜へ   楽譜  Galileo Galileiさん『花の狼』を試聴ダウンロードする
はてなブックマークに追加   Check Galileo Galileiさん『花の狼』について語ります。

無料歌詞検索サイト うたまっぷ
花の狼
作詞 尾崎雄貴 
作曲 Galileo Galilei
Galileo Galilei
僕は鉄の爪とのこぎりみたいな牙を持ってる
頑丈な毛皮はどんな生き物も傷つけられない
花を育て
種を食べる
犬は嫌いだ
ぼくに似ているから

ぼくの住む岩場に君が迷いこんできたあの日
しばらくの間のぞいていたんだ
しまった気づかれた
こっちに駆け寄ってきた
唸ってみたのに
ぜんぜん怖がらなくて

細くて白い手が僕の首の後ろをかいた
雷にうたれたみたいに
君を好きになってしまったみたい
はじめての気持ちだったよ

その気になればすぐ

世界の半分が僕のものになるはずさ
そうしたいほど特別な気持ちなんだ
世界のもう半分は君だけにあげよう
心臓が止まるほど喜んでくれるんだろう

それから毎日君は僕のところに遊びにきた
一緒に花を育てて秋になったら種を食べた
季節が3度まわる頃に
神様が僕に放った矢が君を殺した

細くて白い手がもう僕に触れてはくれない
大好きな君は土の下で眠る
神様を探し出して
頭から食べてやるぞ

ついにその気になってしまって

世界のすべてが僕のものになったとしても
君だけがいない
どこを探してもいないくて
向日葵の種を岩場にたくさん蒔いたよ
土の下で会うときに
喜んでくれるように

©2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved
うたまっぷ 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

Galileo Galileiさん『花の狼』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。




 
公演・出演祝いスタンド花配達
オリコンミュージックストアで Galileo Galileiさん『花の狼』をダウンロードする

アニソン歌詞アプリ

歌詞アプリ for iPhone

歌詞アプリ for Android
TOPへ  │  作詞スクール  │  歌詞検索  │  歌詞全文検索・フレーズ検索  │  自作歌詞  │  愛ことば便  │  アーティストクリップ  │  うたまっぷインディーズ  │  俳句・川柳
本日の注目歌詞  │  自作歌詞交流  │  音楽交流・ファン広場  │  楽曲・歌詞コメント集計  │  お問合せ │ 歌詞リクエスト │ 音楽関係リンク │ サイトについて │ プライバシーポリシー