うたまっぷトップ 歌詞検索
      キーワード歌詞検索はこちら 
コメントを書く コメントを見る
     相曽晴日さんのCDへ   CD      相曽晴日さんの楽譜へ   楽譜  
はてなブックマークに追加   Check 相曽晴日さん『さよならの風に抱かれて』について語ります。

無料歌詞検索サイト うたまっぷ
アクセス回数:2回 リリース日:2011年12月7日
さよならの風に抱かれて
作詞 孔雀仙凌 
作曲 相曽晴日
相曽晴日
群青色の空に白鷺がしなやかに線を描く
静かすぎる夕暮れを引き裂くように

河辺に綾織り乱れる雪はとまどい降り止んで
立ちすくめば濡れる頬を 時知る季節が行く

朝もやたちこめた遠い日 恋流し
去った人を想わせては
消える木枯らし

汽車の窓 月にふちどられ眠れずに訪ねたのは
胸に痛く残された場所 一人下りたてば風

燃え残る気持ちふりほどく さよならの言葉1つ
そっと書いた絵葉書きを水面へと破る

あなたの想い出を断ち切る櫛投げて
流れ見ずに去ればきっと
叫ぶ 木枯らし

群青色の空に白鷺がしなやかに線を描く
静かすぎる夕暮れを引き裂くかのように
静かすぎる夕暮れを引き裂くかのように

©2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved
うたまっぷ 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

相曽晴日さん『さよならの風に抱かれて』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。




 
公演・出演祝いスタンド花配達
2013年歌詞ランキング500

アニソン歌詞アプリ

歌詞アプリ for iPhone

歌詞アプリ for Android
TOPへ  │  作詞スクール  │  歌詞検索  │  歌詞全文検索・フレーズ検索  │  自作歌詞  │  愛ことば便  │  アーティストクリップ  │  うたまっぷインディーズ  │  俳句・川柳
本日の注目歌詞  │  自作歌詞交流  │  音楽交流・ファン広場  │  楽曲・歌詞コメント集計  │  お問合せ │ 歌詞リクエスト │ 音楽関係リンク │ サイトについて │ プライバシーポリシー