うたまっぷトップ 歌詞検索
      キーワード歌詞検索はこちら 
コメントを書く コメントを見る
  丸山圭子さんのオフィシャルサイトへ  公式サイト      丸山圭子さんのCDへ   CD      丸山圭子さんの楽譜へ   楽譜  
はてなブックマークに追加   Check 丸山圭子さん『SEA-SIDE-HOTEL』について語ります。

無料歌詞検索サイト うたまっぷ
SEA-SIDE-HOTEL
作詞 丸山圭子 
作曲 丸山圭子
丸山圭子
シーサイド・ホテル ナンバー702
あなたの部屋ヘダイヤルするのに
ふるえる指はいつまでたっても
あなたをつかまえられない
遠回りして横道の電話ボックス
いちょうの枯葉風に舞い上り
早い雨足通りすぎたあとのように
あなたの声さわやかにとどく
暮れゆく外人墓地に
二人のシルエットが やがてとけあい
ふっくらとやわらかな私の乳房は
はじめてあなたの手のひらにふれたの

シーサイド・ホテル ナンバー702
はじめて扉をあけてしまった
無造作にぬいだあなたの背中に
涙が流れそう
くちびるからこぼれる愛のささやきを
信じられる気がして
パープル色に染まる潮風の街で
生まれたままの私をあげるわ

パープル色に染まる潮風の街で
生まれたままの私をあげるわ

©2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved
うたまっぷ 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

丸山圭子さん『SEA-SIDE-HOTEL』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。




 
公演・出演祝いスタンド花配達
2013年歌詞ランキング500

アニソン歌詞アプリ

歌詞アプリ for iPhone

歌詞アプリ for Android
TOPへ  │  作詞スクール  │  歌詞検索  │  歌詞全文検索・フレーズ検索  │  自作歌詞  │  愛ことば便  │  アーティストクリップ  │  うたまっぷインディーズ  │  俳句・川柳
本日の注目歌詞  │  自作歌詞交流  │  音楽交流・ファン広場  │  楽曲・歌詞コメント集計  │  お問合せ │ 歌詞リクエスト │ 音楽関係リンク │ サイトについて │ プライバシーポリシー