うたまっぷトップ 歌詞検索
      キーワード歌詞検索はこちら 
コメントを書く コメントを見る
  鏡五郎さんのオフィシャルサイトへ  公式サイト      鏡五郎さんのCDへ   CD      鏡五郎さんの楽譜へ   楽譜  
はてなブックマークに追加   Check 鏡五郎さん『浅野内匠頭(あさのたくみのかみ)』について語ります。

無料歌詞検索サイト うたまっぷ
浅野内匠頭(あさのたくみのかみ)
作詞 木下龍太郎 
作曲 山崎剛昭
鏡五郎
叶うものなら もうひと太刀を
斬って捨てたや 吉良殿を
勅使饗応の 大役捨てて
松の廊下を 血で染める
積る恨みの 意趣返(いしゅがえ)し

「重ねて申す 梶川殿 乱心ではござらぬ。吉良殿への積もり重なる遺恨でござる。
浅野内匠頭(あさのたくみのかみ)も五万石の城主 打ち損じたからには神妙にいたす。
その手放して 衣服の乱れを直す暇(いとま)をお与え下され 梶川殿」

殿と呼ばれた 昨日はいずこ
今日は奈落の 座敷牢
なんであの時 出来ない我慢
捨てて初めて 知らされた
五万余石の 重たさを

「ああ 余はあまりにも愚かであった。 許せよ 赤穂の皆の者・・・」

風さそう花よりもなお我はまた 春の名残りを如何にとやせん

七日桜と 世間は言うが
わずか一夜(いちや)の 若桜
死出の旅路の 白装束に
代えて覚悟の 目の裏に
浮かぶ赤穂の 天守閣

©2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved
うたまっぷ 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

鏡五郎さん『浅野内匠頭(あさのたくみのかみ)』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。




 
AWA
2013年歌詞ランキング500

アニソン歌詞アプリ

歌詞アプリ for iPhone

歌詞アプリ for Android
TOPへ  │  作詞スクール  │  歌詞検索  │  歌詞全文検索・フレーズ検索  │  自作歌詞  │  愛ことば便  │  アーティストクリップ  │  うたまっぷインディーズ  │  俳句・川柳
本日の注目歌詞  │  自作歌詞交流  │  音楽交流・ファン広場  │  楽曲・歌詞コメント集計  │  お問合せ │ 歌詞リクエスト │ 音楽関係リンク │ サイトについて │ プライバシーポリシー