うたまっぷトップ 歌詞検索
      キーワード歌詞検索はこちら 
コメントを書く コメントを見る
  安全地帯さんのオフィシャルサイトへ  公式サイト      安全地帯さんのCDへ   CD      安全地帯さんの楽譜へ   楽譜  安全地帯さん『無力の剣』を試聴ダウンロードする
はてなブックマークに追加   Check 安全地帯さん『無力の剣』について語ります。

無料歌詞検索サイト うたまっぷ
無力の剣
作詞 玉置浩二 
作曲 玉置浩二/矢萩渉
安全地帯
~闇は誰もが怖いものである。
初めて一人で寝る日、怯える王子に母は
「助けには行かないわよ。これを持って朝まで一人でがんばりなさい。」
母から渡された剣…
やがて王になり、父から譲りうけた最強といわれるハイドラの剣を腰にさげていたが、決して抜くことはなかった。
ある日、深い闇にふせた姫のために一度だけその剣をゆっくりと抜き、かざした。
「これをみて挑む者があるなら来るがよい!」
すると姫の心は静かに晴れ、目を覚まし王をみつめた。
王がかざした剣は、母からあの日渡された新聞紙の剣~

秋の風にふれる そぼ降る雨の音や
「夕凪」に暮れる たそがれの空は
もの哀しい なのにやさしくいれる
時の調べのままに
「さんざん」悩んでた日々は
きみがいないと「無能」な
川原の石をひろって
遠くにほおってるだけだ

同じ匂いがしてる 「ハナたれ」小僧ふたり
空に向かってこいだ きみをのせたブランコ ひとつの影
日暮れ道 野焼きの煙がしみて
きみはもういなくて…
「さんざん」通った道でも
きみがいないと「無力」な
あの日の剣をかざして
「来るがよい!」と叫んだ

星たちは「静寂」と「暗闇」があってこそだと
応えじゃなく「ひかり」だすということ

「さんざん」悩んでた日々は
きみがいないと「無能」な
川原の石をひろって
遠くにほおってるだけだ
それでも「愛されてるってわかった」
きみじゃなきゃ ぼくはやめてただろう

あとどれぐらい飛べるだろ 「静寂」と「暗闇」の中を
追うものも留めるものもない きみとの愛をかざして

©2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved
うたまっぷ 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

安全地帯さん『無力の剣』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。




 
公演・出演祝いスタンド花配達
オリコンミュージックストアで 安全地帯さん『無力の剣』をダウンロードする

アニソン歌詞アプリ

歌詞アプリ for iPhone

歌詞アプリ for Android
TOPへ  │  作詞スクール  │  歌詞検索  │  歌詞全文検索・フレーズ検索  │  自作歌詞  │  愛ことば便  │  アーティストクリップ  │  うたまっぷインディーズ  │  俳句・川柳
本日の注目歌詞  │  自作歌詞交流  │  音楽交流・ファン広場  │  楽曲・歌詞コメント集計  │  お問合せ │ 歌詞リクエスト │ 音楽関係リンク │ サイトについて │ プライバシーポリシー