うたまっぷトップ 歌詞検索
      キーワード歌詞検索はこちら 
コメントを書く コメントを見る
  西方裕之さんのオフィシャルサイトへ  公式サイト      西方裕之さんのCDへ   CD      西方裕之さんの楽譜へ   楽譜  
はてなブックマークに追加   Check 西方裕之さん『水月』について語ります。

無料歌詞検索サイト うたまっぷ
水月
作詞 たかたかし 
作曲 徳久広司
西方裕之
たとえあなたに愛されていても
私ひとりの人ではないから
いつも別れの予感におびえながら
暮らしていたわ
風の匂い忘れた都会(まち)で
水に映った満月を眺め
うしろ姿に涙をながす
月の光を両掌ですくえば
指に触れるものは悲しみばかり

今はひとり 泣いていたい
サヨナラだけが人生と あなたは言うけど・・・

好きとあなたに抱きしめられた日
白い窓からコバルト・ブルーの
海がきらきら輝きまぶしかった
あの夏の午後
髪にふれたあなたの笑顔
水に映った満月を眺め
うしろ姿に涙を流す
月の光を両掌ですくえば
指に触れるものは悲しみばかり

今はひとり 泣いていたい
サヨナラだけが人生と あなたは言うけど・・・

今はひとり 泣いていたい
サヨナラだけが人生と あなたは言うけど・・・

©2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved
うたまっぷ 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

西方裕之さん『水月』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。




 
公演・出演祝いスタンド花配達
2013年歌詞ランキング500

アニソン歌詞アプリ

歌詞アプリ for iPhone

歌詞アプリ for Android
TOPへ  │  作詞スクール  │  歌詞検索  │  歌詞全文検索・フレーズ検索  │  自作歌詞  │  愛ことば便  │  アーティストクリップ  │  うたまっぷインディーズ  │  俳句・川柳
本日の注目歌詞  │  自作歌詞交流  │  音楽交流・ファン広場  │  楽曲・歌詞コメント集計  │  お問合せ │ 歌詞リクエスト │ 音楽関係リンク │ サイトについて │ プライバシーポリシー