うたまっぷトップ 歌詞検索
      キーワード歌詞検索はこちら 
コメントを書く コメントを見る
  TAK-Zさんのオフィシャルサイトへ  公式サイト      TAK-ZさんのCDへ   CD      TAK-Zさんの楽譜へ   楽譜  TAK-Zさん『ヒマワリ』を試聴ダウンロードする
はてなブックマークに追加   Check TAK-Zさん『ヒマワリ』について語ります。

無料歌詞検索サイト うたまっぷ
ヒマワリ
作詞 TAK-Z 
作曲 Seiji"JUNIOR"Kawabata
TAK-Z
青い空の真下 君と二人出かけた
穏やかな 日差しを浴びながら あの海を目指した
白い砂浜に 打ち寄せる波 走る君を追いかける
誘う潮風に 揺れなびく髪 焼けた肌がまぶしすぎる
せまい浮き輪に二人 ぷかり 浮かび 胸の高鳴りは止まらない
こんな風に 時忘れる程に過ごした幸せな時間が
「ずっと続くといいな」ぎゅっと手を握った 君色に染まる渚

夏に咲いた ヒマワリのように 鮮やかに輝いていた
この季節が 火傷する程にあつくさせるから
太陽に向かって駆け抜けた ただ風の吹くままに
何度倒されても 前だけみて描いた ひと夏の夢物語

日が落ちて はしゃぎ疲れた二人は
浜辺で寄り添って夢を語った
誰にも言えなかった事でさえも なぜか君には素直に話せた
諦めないでねと その笑顔が胸を締め付ける
想い続ければ届くのか? 砂文字に書いた願いの詩
「いつか叶うといいな」この道の先には虹色に染まる明日

夏に咲いた ヒマワリのように 鮮やかに輝いていた
この季節が 火傷する程にあつくさせるから
太陽に向かって駆け抜けた ただ風の吹くままに
何度倒されても 前だけみて描いた ひと夏の夢物語

Ah 帰りたくないよ 今はまだ
Oh そばにいるだけで癒された心から

夜も深まり出してきた頃 空に打ち上がる花火の音
その時だった 君の口から 恥ずかしそうにつぶやいた
来年も二人できたいな そっとキスを交わした喜びに溢れる涙

夏に咲いた ヒマワリのように 鮮やかに輝いていた
この季節が 火傷する程にあつくさせるから
太陽に向かって駆け抜けた ただ風の吹くままに
何度倒されても 前だけみて描いた ひと夏の恋物語

©2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved
うたまっぷ 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

TAK-Zさん『ヒマワリ』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。




 
公演・出演祝いスタンド花配達
オリコンミュージックストアで TAK-Zさん『ヒマワリ』をダウンロードする

アニソン歌詞アプリ

歌詞アプリ for iPhone

歌詞アプリ for Android
TOPへ  │  作詞スクール  │  歌詞検索  │  歌詞全文検索・フレーズ検索  │  自作歌詞  │  愛ことば便  │  アーティストクリップ  │  うたまっぷインディーズ  │  俳句・川柳
本日の注目歌詞  │  自作歌詞交流  │  音楽交流・ファン広場  │  楽曲・歌詞コメント集計  │  お問合せ │ 歌詞リクエスト │ 音楽関係リンク │ サイトについて │ プライバシーポリシー