うたまっぷトップ 歌詞検索
      キーワード歌詞検索はこちら 
コメントを書く コメントを見る
  ミドリカワ書房さんのオフィシャルサイトへ  公式サイト      ミドリカワ書房さんのCDへ   CD      ミドリカワ書房さんの楽譜へ   楽譜  
はてなブックマークに追加   Check ミドリカワ書房さん『銭湯の思い出』について語ります。

無料歌詞検索サイト うたまっぷ
銭湯の思い出
作詞 緑川伸一 
作曲 緑川伸一
ミドリカワ書房
湯船で僕らが騒いでいると いつもおじさんに怒鳴られた
「うるせーなガキども!」坊主頭でプロレスラーみたいだったおじさん

おじさんのでっかい背中には 綺麗なカッコいい絵が書いてあって
それはお尻にまで届く程の 大きな大きなものだったんだ

ある時「おじさんの背中綺麗だね」と言ったら
「バカヤロー綺麗なもんか」と照れるように背中を隠した
それが刺青というものだったという事を 知るのはだいぶ後になって

おじさんには娘さんがいて いつも一人外で待っていた
僕らは湯上がりの体を冷ましつつ 女の子の様子を観察した
おじさんが出て来ると女の子は コーラを一気に飲み干して
おじさんのぶっとい腕に掴った 母子家庭の僕は羨むばかり

あんなお父さんがいたらなあ 二人を見ながらいつも思った
女の子の手を引きながらダミ声で歌ってた歌が
「人生を語らず」という歌だったという事を 知るのはだいぶ後になって

中学生になって僕らは 銭湯に行かなくなってしまった
そしてあの女の子と同じ学校になるとは まさか思ってなかった
そもそも同い年だったとは 何だか大人っぽく見えたから
テレビに出て来る女優さんのような 彼女に僕は夢中になった

僕は想いを打ち明けて 運よく付き合う事が出来た
「あんなお父さんがいたらなあ」というあの頃の夢が
23になる春に叶うんだっていう事を 知るのはだいぶ後になって

今でもお義父さんとはたまに 銭湯に行く事がある
背中の絵は少し萎んでしまったが やさしい笑顔とダミ声ははあの頃のまま

©2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved
うたまっぷ 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

ミドリカワ書房さん『銭湯の思い出』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。




 
公演・出演祝いスタンド花配達
2013年歌詞ランキング500

アニソン歌詞アプリ

歌詞アプリ for iPhone

歌詞アプリ for Android
TOPへ  │  作詞スクール  │  歌詞検索  │  歌詞全文検索・フレーズ検索  │  自作歌詞  │  愛ことば便  │  アーティストクリップ  │  うたまっぷインディーズ  │  俳句・川柳
本日の注目歌詞  │  自作歌詞交流  │  音楽交流・ファン広場  │  楽曲・歌詞コメント集計  │  お問合せ │ 歌詞リクエスト │ 音楽関係リンク │ サイトについて │ プライバシーポリシー