うたまっぷトップ 歌詞検索
      キーワード歌詞検索はこちら 
コメントを書く コメントを見る
  大知正紘さんのオフィシャルサイトへ  公式サイト      大知正紘さんのCDへ   CD      大知正紘さんの楽譜へ   楽譜  大知正紘さん『ビー玉』を試聴ダウンロードする
はてなブックマークに追加   Check 大知正紘さん『ビー玉』について語ります。

無料歌詞検索サイト うたまっぷ
ビー玉
作詞 大知正紘 
作曲 大知正紘
大知正紘
人通りの少ない明け方の道を噛み締めながら 誰かが去っていく足音
間違ったかの様に動き出す時間を 朝の匂いがそっと包んでく

君と出会ったあの日も こんな肌寒い季節だったな
小さなことを思い出して また目を閉じたなら

散らばって浮かぶ君の記憶に 触れてみたくて伸ばしたこの手が
すり抜けて掴む寂しさなんてもういらないから
どうか僕を連れ戻して

乗り込んだ電車の窓の外の世界
眺めてるだけなのに 胸締め付ける声

このままどこか遠くへなんて 叶わないと解ってたから
忘れたふりして閉じ込めた思い 覗き込んだなら

散らばって浮かぶ君の記憶に 触れてみたくて覗いた星の海
息をすることも忘れるほどに綺麗すぎたんだ
もうそれには触れられないのに

忘れないことを いつも僕らは少ししか選べない
その一つ このビー玉 心深く沈ませながら

改札を抜ける人ごみの中 眩しい光に目を閉じたなら

散らばって浮かぶ君の記憶に 触れた気がして零れた涙
思い出す事はもうしないだろう
噛み締めるように動き出した僕の足音

©2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved
うたまっぷ 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

大知正紘さん『ビー玉』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。




 
公演・出演祝いスタンド花配達
オリコンミュージックストアで 大知正紘さん『ビー玉』をダウンロードする

アニソン歌詞アプリ

歌詞アプリ for iPhone

歌詞アプリ for Android
TOPへ  │  作詞スクール  │  歌詞検索  │  歌詞全文検索・フレーズ検索  │  自作歌詞  │  愛ことば便  │  アーティストクリップ  │  うたまっぷインディーズ  │  俳句・川柳
本日の注目歌詞  │  自作歌詞交流  │  音楽交流・ファン広場  │  楽曲・歌詞コメント集計  │  お問合せ │ 歌詞リクエスト │ 音楽関係リンク │ サイトについて │ プライバシーポリシー