うたまっぷトップ 歌詞検索
      キーワード歌詞検索はこちら 
コメントを書く コメントを見る
  つるの剛士さんのオフィシャルサイトへ  公式サイト      つるの剛士さんのCDへ   CD      つるの剛士さんの楽譜へ   楽譜  
はてなブックマークに追加   Check つるの剛士さん『夏のわすれもの feat.東京スカパラダイスオーケストラ』について語ります。

無料歌詞検索サイト うたまっぷ
夏のわすれもの feat.東京スカパラダイスオーケストラ
作詞 谷中敦 
作曲 沖祐市
つるの剛士
突然訳も分からずに
泣きたくなる海のそばで
乾いたリズム聴こえたら
軽くなって歩き出せる

遠くまで響いた賑やかな声
聴いてただけの去年だったけど
次にはきっと変われるかもと
待ちつづけてた夏がやがて来る

遠慮もせずに照らす太陽
素足で走りだす無邪気な人
大切にした思い出だって
砂だらけで笑えてくる筈だから

羨ましいと思っていても
妬んだりで動けなくて

遠回りしてきた過去脱ぎ捨てて
裸になれたらいいと思ってた
寂しい言葉忘れるほどに
自由になれる夏がやがて来る

去年の夏に忘れたものは
まだあの海にあると思うけど
波のしぶきに砕けて欲しい
潮風に乾く涙も爽やかに

ざわめく夏の海岸
一人だけ来ない
いつも気にしているけど

海を見つめて
ただ黙りそう
だから無理して笑うようにしてた

泣いてたなんて分からないように
ずっと泳いでた君だったから
去年の夏に忘れたものは
まだあの海にあると思うけど

波のしずくに融けて欲しいと
ずっと待ちつづけてた夏が近づいてる

©2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved
うたまっぷ 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

つるの剛士さん『夏のわすれもの feat.東京スカパラダイスオーケストラ』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。




 
公演・出演祝いスタンド花配達
2013年歌詞ランキング500

アニソン歌詞アプリ

歌詞アプリ for iPhone

歌詞アプリ for Android
TOPへ  │  作詞スクール  │  歌詞検索  │  歌詞全文検索・フレーズ検索  │  自作歌詞  │  愛ことば便  │  アーティストクリップ  │  うたまっぷインディーズ  │  俳句・川柳
本日の注目歌詞  │  自作歌詞交流  │  音楽交流・ファン広場  │  楽曲・歌詞コメント集計  │  お問合せ │ 歌詞リクエスト │ 音楽関係リンク │ サイトについて │ プライバシーポリシー