うたまっぷトップ 歌詞検索
      キーワード歌詞検索はこちら 
コメントを書く コメントを見る
  馬場俊英さんのオフィシャルサイトへ  公式サイト      馬場俊英さんのCDへ   CD      馬場俊英さんの楽譜へ   楽譜  
はてなブックマークに追加   Check 馬場俊英さん『どんなときだって幸せをさがしていた(Early Dawn Version)』について語ります。

無料歌詞検索サイト うたまっぷ
どんなときだって幸せをさがしていた(Early Dawn Version)
作詞 馬場俊英 
作曲 馬場俊英
馬場俊英
眠れない夜をあきらめて
古い写真を眺めてたんだ
急に冷え込んだ 午前四時の闇の中

しゃべりだしそうな君の顔を
ひとつ ふたつ 数えながら
通り過ぎた日の中に僕は潜り込む

テレビドラマに泣いた君の
泣き顔を僕がからかってた
どんな夜だってふたりでいれたら それが幸せだった

あの頃のことをただ思い出せば 知らずにまた
心は君のところに戻ってしまう
眠るまで手をつないでいた ちいさな部屋の片隅の
窓辺に月の光りが君の髪を照らしてた oh

ちいさな嘘をついた君を
問い詰めて僕はまくしたてた
あんな大声を出すことなんてないのに

灰皿を壁に投げつけて
泣きながらふたりで片付けた
どんな夜だって幸せをさがしていた

擦り減るように時が流れ 降り積もるように胸を痛め
思い出の店にふたりで出掛けた夜にさよならをした

あの頃のことを今思い出せば 知らずにまた
心は君のところで止まってしまう
ああ そこに何か大切なものを僕は忘れてきた
何ひとつも守れずに 約束さえできないまま oh

風が吹いたら消えてしまう
生まれたばかりの炎のような そんな愛だった
だけどそれだけが心暖めたんだ いつだって

あの頃の僕や君を思い出す夜はいつも
君の笑顔が僕を運んで行くよ
間違いや 足りない物の中にある
きれいな「青さ」みたいなものを
時々教えてくれる君がそこにいる 胸の中に甦る oh

灰皿を壁に投げつけた
テレビドラマに君が泣いた
どんなときだって幸せをさがしていた

©2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved
うたまっぷ 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

馬場俊英さん『どんなときだって幸せをさがしていた(Early Dawn Version)』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。




 
公演・出演祝いスタンド花配達
2013年歌詞ランキング500

アニソン歌詞アプリ

歌詞アプリ for iPhone

歌詞アプリ for Android
TOPへ  │  作詞スクール  │  歌詞検索  │  歌詞全文検索・フレーズ検索  │  自作歌詞  │  愛ことば便  │  アーティストクリップ  │  うたまっぷインディーズ  │  俳句・川柳
本日の注目歌詞  │  自作歌詞交流  │  音楽交流・ファン広場  │  楽曲・歌詞コメント集計  │  お問合せ │ 歌詞リクエスト │ 音楽関係リンク │ サイトについて │ プライバシーポリシー