うたまっぷトップ 歌詞検索
      キーワード歌詞検索はこちら 
コメントを書く コメントを見る
  木根尚登さんのオフィシャルサイトへ  公式サイト      木根尚登さんのCDへ   CD      木根尚登さんの楽譜へ   楽譜  
はてなブックマークに追加   Check 木根尚登さん『東京バラッド』について語ります。

無料歌詞検索サイト うたまっぷ
東京バラッド
作詞 木根尚登/藤井徹貫 
作曲 木根尚登
木根尚登
あの日僕はギターと大きな夢を抱えて
手にはひと月もたないお金にぎってた
働く場所も住む場所もなく辿り着いたけど
明日はなぜか眩しくステキに見えた

泣きもせず笑いもせず かといって怒りもせず
ただ黙々と過ぎる日々と人々
はじめは不思議に思った 淋しすぎる人の波
でもいつか僕もそうして歩いてた

一緒に出てきた友達は、半年で都会を出た
父親が倒れて 故郷(くに)へ急いだ
それでも僕はガードの下で唄い続けていた
ホームレス達の拍手の中で

三年かけて貯めたお金を騙し取られた
「レコードデビュー」と言われ すべて渡した
この都会では、騙すと騙されるとが
同じだけ責められるんだと教えられた

10年という約束の日は もうとっくに過ぎている
けど 悔いがないと言えば嘘になる でもなぜか心は青空

さよなら東京 丸ビルが夕日に染まる頃
家路を急ぐ たくさんの長い影
ありがとう東京 今日の日が思い出に変わる頃
また会おう みんなでね 笑顔でね

ホームで手を振る少女 少女を抱く母親
窓の中から手を振るおばあちゃん
少女を抱く母親は 心で叫ぶ
「母さん、私も帰りたい」

東京駅中央通路 トラベルキャリーをひく
七色の爪の女の子
輝いてた夢に破れ 故郷へ急ぐのか
キミの生まれた町の言葉聞きたい

めぐりゆく季節の中で 僕にも家族ができた
明日はなぜか眩しくステキに見えた

過ぎてゆく景色の中で あの頃をながめてみた
見えないものが ようやく見えてきた

10年という約束の日は もうとっくに過ぎている
けど 悔いがないと言えば嘘になる でもなぜか心は青空

さよなら東京 丸ビルが夕日に染まる頃
家路を急ぐ たくさんの長い影
ありがとう東京 今日の日が思い出に変わる頃
また会おう みんなでね 笑顔でね

©2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved
うたまっぷ 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

木根尚登さん『東京バラッド』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。




 
公演・出演祝いスタンド花配達
2013年歌詞ランキング500

アニソン歌詞アプリ

歌詞アプリ for iPhone

歌詞アプリ for Android
TOPへ  │  作詞スクール  │  歌詞検索  │  歌詞全文検索・フレーズ検索  │  自作歌詞  │  愛ことば便  │  アーティストクリップ  │  うたまっぷインディーズ  │  俳句・川柳
本日の注目歌詞  │  自作歌詞交流  │  音楽交流・ファン広場  │  楽曲・歌詞コメント集計  │  お問合せ │ 歌詞リクエスト │ 音楽関係リンク │ サイトについて │ プライバシーポリシー