うたまっぷトップ 歌詞検索
      キーワード歌詞検索はこちら 
コメントを書く コメントを見る
  木根尚登さんのオフィシャルサイトへ  公式サイト      木根尚登さんのCDへ   CD      木根尚登さんの楽譜へ   楽譜  
はてなブックマークに追加   Check 木根尚登さん『中野グラフィティ』について語ります。

無料歌詞検索サイト うたまっぷ
中野グラフィティ
作詞 木根尚登/藤井徹貫 
作曲 木根尚登
木根尚登
「カラージーンズで揃えようね」
と言ったくせに君だけサテンのパンツだったね
「あれ?そうだっけ?」
なんて とぼけていたっけ
俺達、わざわざ新宿まで買いにいったんだよ

サンプラザの楽屋は夢の宝庫だった
フレッシュサウンズコンテストの日
「それより、少しくらいメイクしたほうがいいよネ」
って君はノンキな事を言っていた。
駅前からバスに乗り、江古田まで行かないかい
聞けばこの頃の君はリハーサルに遅刻しなくなったそうじゃないか

覚えてるかユウジ、
俺の最初のフォークギター
中野の丸井、五万円の月賦
あの頃は洋服だってそうだったな
「中野で買った」って言ったら、お洒落だった
サンプラザのステージは夢の世界だった
誰もがみんなまぶしかった
スージー・クアトロもジャクソン・ブラウンも
そしてTM NETWORKも!
駅前の居酒屋で 少しだけ飲まないかい
聞けばこの頃の君は夜明けまで飲まなくなったそうじゃないか

「ジュリーは、中野に住んでんのよ」
ってマリチャン
あれは小学校4年頃かな
「平凡」か「明星」で仕入れた話を
一人一人に言いふらす
サンプラザが影も形もなかった時代
そんな事でも自慢できた
「木根君、知ってる?ジュリーがね」
そこまで聞いたら待ち切れず
僕は答えた。
「中野だろ」
せっかちな僕だから、待ってられる訳がない
固まったマリチャンの顔が
「なぜ知ってんのヨ」
って語ってた

たしかケンの実家は中野だった気がする
そうだろ?
ブロードウェイを抜けたあたりだろ
「家族全員がB型だから」
なんて言ってた
「だから誰も人の話を聞いちゃいない」
とか
サンプラザはいつだって夢の舞台だから
俺達と同じ夢 追いかける倅たちも
きっといつかそこに立つ日がくるんだろう
駅前の路地裏の 噂のカレー屋はどこだい
聞けばこの頃の君はキャバクラも
やっと卒業したそうじゃないか

©2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved
うたまっぷ 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

木根尚登さん『中野グラフィティ』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。




 
公演・出演祝いスタンド花配達
2013年歌詞ランキング500

アニソン歌詞アプリ

歌詞アプリ for iPhone

歌詞アプリ for Android
TOPへ  │  作詞スクール  │  歌詞検索  │  歌詞全文検索・フレーズ検索  │  自作歌詞  │  愛ことば便  │  アーティストクリップ  │  うたまっぷインディーズ  │  俳句・川柳
本日の注目歌詞  │  自作歌詞交流  │  音楽交流・ファン広場  │  楽曲・歌詞コメント集計  │  お問合せ │ 歌詞リクエスト │ 音楽関係リンク │ サイトについて │ プライバシーポリシー