うたまっぷトップ 歌詞検索
      キーワード歌詞検索はこちら 
コメントを書く コメントを見る
     葉月渚(代永翼)/竜ヶ崎怜(平川大輔)さんのCDへ   CD      葉月渚(代永翼)/竜ヶ崎怜(平川大輔)さんの楽譜へ   楽譜  
はてなブックマークに追加   Check 葉月渚(代永翼)/竜ヶ崎怜(平川大輔)さん『夏の終わりの夕間暮れ』について語ります。

無料歌詞検索サイト うたまっぷ
夏の終わりの夕間暮れ
作詞 こだまさおり 
作曲 板垣祐介
葉月渚(代永翼)/竜ヶ崎怜(平川大輔)
泳ぎ疲れて 揺られる電車の中
いろんな会話 つつみ込む夕間暮れ

いつの間にか こんな日々が何気なくて
心地よくて
忘れてしまうけど 僕らはまだまだ

出会ってから季節はほんの ひとつ変わっただけ
なのになんで、なのに妙に、安心したり
ここだなあってわかるから 集まれたんだ
同じ夏を選べたこと 奇跡みたいな午後に

魅せられたのは 必然だったように
みんなでいると 不思議なパワーうまれる

この輸の中 いる自分は前よりも
一日ごと
素直な感情で あたらしい表情(かお)だね

風はもう次の色 運びはじめる
それがなんで、それが妙に、あたたかいから
いてくれてありがとうって 気づいてるんだ
お互いどこか、お互いさまに 元気づけられて

あこがれも 親しみも 全部あるよね
みんなとだからこそ 意味がある
見てみたい 次の景色

出会ってから季節はほんの ひとつ変わっただけ
なのになんで、なのに妙に、安心したり
ここだなあってわかるから 集まれたんだ
同じ夏を選べたこと 奇跡みたいな午後に

©2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved
うたまっぷ 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

葉月渚(代永翼)/竜ヶ崎怜(平川大輔)さん『夏の終わりの夕間暮れ』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。




 
公演・出演祝いスタンド花配達
2013年歌詞ランキング500

アニソン歌詞アプリ

歌詞アプリ for iPhone

歌詞アプリ for Android
TOPへ  │  作詞スクール  │  歌詞検索  │  歌詞全文検索・フレーズ検索  │  自作歌詞  │  愛ことば便  │  アーティストクリップ  │  うたまっぷインディーズ  │  俳句・川柳
本日の注目歌詞  │  自作歌詞交流  │  音楽交流・ファン広場  │  楽曲・歌詞コメント集計  │  お問合せ │ 歌詞リクエスト │ 音楽関係リンク │ サイトについて │ プライバシーポリシー