うたまっぷトップ 歌詞検索
      キーワード歌詞検索はこちら 
コメントを書く コメントを見る
  Ceuiさんのオフィシャルサイトへ  公式サイト      CeuiさんのCDへ   CD      Ceuiさんの楽譜へ   楽譜  
はてなブックマークに追加   Check Ceuiさん『花になった少年の神話』について語ります。

無料歌詞検索サイト うたまっぷ
花になった少年の神話
作詞 Ceui 
作曲 小高光太郎/Ceui
Ceui
? プロローグ
それはそれは遠い昔の物語
遥かな国のお話
眩しい空の下で太陽の神(僕)と少年(君)は出逢った
二人は幸せだった…

「もう一度巡り逢えたら…
もう一度声が聞けたら…
君だけを失くしたままで
何処へゆけばいい?」

? 雲の女神
鮮やかに緩やかに陽光を貪りながら
運命は残酷の楽園へと崩れ落ちた

愛し合う者は周囲の嫉妬を呼び起こすもの
彼らの仲を 雲の女神は許さなかった

「SAY!SAY! 愛して SAY!SAY!
見つめて SAY!SAY!私に跪きなさい
SAY!SAY! 誰より SAY!SAY! 私こそ一番美しい…!」

奪われた躯に 女神の爪痕が
狂気に侵された 喜劇の蜃気宴(ミラージュ)
少年は変わらず彼を待ち続けた
愛しき者が捕らえられたと知らずに…

? 媚薬の森の美女
「ようこそお待ちしていたわ ここは媚薬の森
全てを忘れてここでさぁ愉しみましょう

お休みなさい 可哀想な太陽の神よ
お休みなさい 女神が戻って来るまで」

ほの暗い森のなか太陽の神は目を醒ました
風の精が囁いた
「大変よ 女神は少年のもとへ行ってしまったわ」

? 雲の女神は少年を…
轟く雷は 情熱の矢なの
私は雲の女神(ミューズ)
手に入らぬものなどこの手で消してくれるわ…!

「許せない!許せない!私じゃないなんて!
この心邪魔するならいっそお前を…」

その時投げられた毒矢は貫いた
少年は美しい瞳を閉じて
眠りに落ちていった 言葉も無いままに
太陽の神に愛を告げられずに…

? 少年の追憶
僕のなか蘇る眩しい最初の出逢い
どこまでも君は自由に空を巡り輝いてた

「なんて眩しいひとだろう…
なんて眩しいひとだろう…」
もっと仲良くなりたいのに
いざとなるとうまくできない

「明日こそはもっと
あのひとに話しかけよう」
少年は憧れた
無限の翼広げて

? 終焉の刻
「SAY!SAY! 愛して SAY!SAY!
見つめて SAY!SAY! 私に跪きなさい
SAY!SAY! 誰より SAY!SAY!
私こそ一番美しい…!」

駆けつけた太陽の神は目を見張った
夢だと願っても 悲劇の幻想(イマージュ)
目覚めぬ少年に頬寄せ口づけた
女神は消え去った
溢れ出す涙も構わずに
嗚呼

? 再生の陽光
ランララララン ララララン ララン…
やがて雲の隙間から
ランララララン ララララン ララン…
黄金の光 差してゆく…

「微笑って…微笑って…
もう一度その笑顔を
僕に見せて
共に過ごした
僅かな季節
浮かぶよ

悲しみを知るために出逢った訳じゃない
せめて陽光浴びて微笑む
花に変えてみせよう」

? エピローグ
それはそれは遠い昔の物語
遥かな国のお話

「カレンデュラ
僕は君を
カレンデュラ
照らしつづける
カレンデュラ
君が咲く限り
カレンデュラ
僕は

カレンデュラ
僕は君の
カレンデュラ
太陽になる
カレンデュラ
カレンデュラ
カレンデュラ
ずっと…」

©2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved
うたまっぷ 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

Ceuiさん『花になった少年の神話』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。




 
公演・出演祝いスタンド花配達
2013年歌詞ランキング500

アニソン歌詞アプリ

歌詞アプリ for iPhone

歌詞アプリ for Android
TOPへ  │  作詞スクール  │  歌詞検索  │  歌詞全文検索・フレーズ検索  │  自作歌詞  │  愛ことば便  │  アーティストクリップ  │  うたまっぷインディーズ  │  俳句・川柳
本日の注目歌詞  │  自作歌詞交流  │  音楽交流・ファン広場  │  楽曲・歌詞コメント集計  │  お問合せ │ 歌詞リクエスト │ 音楽関係リンク │ サイトについて │ プライバシーポリシー