うたまっぷトップ 歌詞検索
      キーワード歌詞検索はこちら 
コメントを書く コメントを見る
  喜多村英梨さんのオフィシャルサイトへ  公式サイト      喜多村英梨さんのCDへ   CD      喜多村英梨さんの楽譜へ   楽譜  
はてなブックマークに追加   Check 喜多村英梨さん『紋』について語ります。

無料歌詞検索サイト うたまっぷ
作詞 山崎寛子 
作曲 市川淳
喜多村英梨
囁く風の声(ネ)の旋律(シラベ) 時雨(シグレ)の心を攫(サラ)い過ぐ
透かした紺碧の空は 桔梗色に変わるの

移ろう幻は 赫焉(カクエン)として出(イ)づ
寄り添える追憶と共に巡らせ

重ねた灯菱(トモヒシ)の想いは辿り来た路(ミチ)の標(シルベ)
幾十許(イクソクバク)の言ノ葉(コトノハ)よりも一つの紋(シルシ)
駆け出す足音は遥か永久(トコシエ)の遠音(トオト)へ
纏(マト)った螺旋の誓いをこの両手で刻み込んでゆく

弾けた水泡(ミナワ)の瞬間(イノチ)に 静かな心もうち靡(ナビ)く
棚引く薄蒼の雲は 鴇色(トキイロ)の夕空に

揺らめく紅(クレナイ)は 絆(ホダ)す囲いを抜け
夢現(ユメウツツ)の狭間を飛び越えて行け

連ねた灯菱の想いは守り来た路の標
幾重の織色羽(オリイロハ)よりも一つの紋
始まりの瞳の奥は最果ての向こうへ
纏った確かな誓いをこの両手で刻み込んでゆく

朧げな雲居(クモイ)に響く 幾千の心声(コエ)
水面(ミナモ)に映した琥珀の願い
影踏みより先で宿して待て
天つ空よ

貫く灯菱の想いは紡ぎゆく未知(ミチ)の導(シルベ)
幾十許の言ノ葉より そう一つの紋
駆け出す鼓動は遥か永久の遠音へ
纏った全ての誓いをこの身体(からだ)で刻み込んでゆく

©2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved
うたまっぷ 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

喜多村英梨さん『紋』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。




 
公演・出演祝いスタンド花配達
2013年歌詞ランキング500

アニソン歌詞アプリ

歌詞アプリ for iPhone

歌詞アプリ for Android
TOPへ  │  作詞スクール  │  歌詞検索  │  歌詞全文検索・フレーズ検索  │  自作歌詞  │  愛ことば便  │  アーティストクリップ  │  うたまっぷインディーズ  │  俳句・川柳
本日の注目歌詞  │  自作歌詞交流  │  音楽交流・ファン広場  │  楽曲・歌詞コメント集計  │  お問合せ │ 歌詞リクエスト │ 音楽関係リンク │ サイトについて │ プライバシーポリシー