うたまっぷトップ 歌詞検索
      キーワード歌詞検索はこちら 
コメントを書く コメントを見る
     土方歳三(三木眞一郎)さんのCDへ   CD      土方歳三(三木眞一郎)さんの楽譜へ   楽譜  
はてなブックマークに追加   Check 土方歳三(三木眞一郎)さん『東天ノ陽』について語ります。

無料歌詞検索サイト うたまっぷ
東天ノ陽
作詞 森由里子 
作曲 野崎心平
土方歳三(三木眞一郎)
夜明けだ。東の空に今日も亦
天を燃やす紅の陽が立ち昇る。
誰にも押し留められぬ陽のように
俺の胸にも紅く燃え出る思いがある。

俺は武士として生きる。
男として生まれたんだ。
武士を目指さずして何を目指す。
刀を差す以上、
この命を懸ける。
死ぬ覚悟のできてねえ武士は武士じゃねえ。

俺の眼の前に幾筋の道があろうが
この眼に見えるのはたった一つだ。
標?それは心の中にある。
俺がしかと決めた志がどんな明日を呼ぼうが
俺は後悔はしねえ。
唯ひたぶるに己が決めた道を行く。
そうだ、此の命が尽きる刻までな。

時代は 不穏な動きを見せている。
今こそ俺たちが立ち上がるべき時だ。
明日が見えねえ時にここそ見えるんだ。
人の本性、そして覚悟って奴がな。

一度こうと決めたからには
俺には迷いなんてものはねえ。
そして迷う奴になんぞ用はねえ。
俺の邪魔だけはするな。
俺は容赦はしねえ。
命を張ってこの道を先へと急ぐ。

俺の眼の前に幾つの雲がかかろうが
目指しているのはあの黎明だ。
信ずる道の彼方にしか、光は探せねえ。
此の心を染めゆく志が、俺を駆り立てる。
其れこそが行くべき道だ。
唯この刀を差したまま、走って行く。
そうだ、落日が燃え尽きるその日までな。

©2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved
うたまっぷ 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

土方歳三(三木眞一郎)さん『東天ノ陽』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。




 
公演・出演祝いスタンド花配達
2013年歌詞ランキング500

アニソン歌詞アプリ

歌詞アプリ for iPhone

歌詞アプリ for Android
TOPへ  │  作詞スクール  │  歌詞検索  │  歌詞全文検索・フレーズ検索  │  自作歌詞  │  愛ことば便  │  アーティストクリップ  │  うたまっぷインディーズ  │  俳句・川柳
本日の注目歌詞  │  自作歌詞交流  │  音楽交流・ファン広場  │  楽曲・歌詞コメント集計  │  お問合せ │ 歌詞リクエスト │ 音楽関係リンク │ サイトについて │ プライバシーポリシー