うたまっぷトップ 歌詞検索
      キーワード歌詞検索はこちら 
コメントを書く コメントを見る
     安倍泰明(石田彰)さんのCDへ   CD      安倍泰明(石田彰)さんの楽譜へ   楽譜  
はてなブックマークに追加   Check 安倍泰明(石田彰)さん『その蓮(はちす)を埋めるもの』について語ります。

無料歌詞検索サイト うたまっぷ
その蓮(はちす)を埋めるもの
作詞
作曲 藤木和人
安倍泰明(石田彰)
失うものはない。私は何も持たぬから。
これはただの器、私は、洞(うろ)だ。
お師匠の余剰な陰の気を受けるだけのもの。
このまじないが、私を唯一この世につなぎとめるもの。
ずっと、そう理解していた。
あの不可思議なものを受けるまで。

――心のかけら。

それはあるはずのないもの。
他の誰のものが見つかっても。
決して私にだけは見つからないはずのもの。
私には何もない。
だからなくなることはなく、戻ってくるはずもない。
……はずだった。

最初のかけらを得た時のことを。
お前に語るのは難しい。
「ない」ものが「ある」状態になる不可解さ。あのク触感。
気が集まり、痛みにも似た熱を持つ。
流れ込む。 私に。留めることなどはできない。

心のかけらは。
私に与えられた「器」という意味を否定した。
私はそれを理解できなかった。
次いで覚える、その理不尽さと、それに対する怒り。
自分が、自分の考えているものと異なる存在だと知ること。
そんなことはあり得ないと、そう思ったのに。

心のかけらは、私の浅慮を打ち砕け。
二つ、同時に飛び込んで、一息に己を侵食する。
指先にまであふれるような痺れ。
「恐怖」ですらない。
「絶望」、そんな名前だ。

お前が望むなら、その望みを叶える。
それだけのはずだったのに。

なぜ。「願う」のか
「絶望」、それは己の浅ましさを知ることだ。
お前の中に、
自分の存在の意義を留めおきたいと願う、その浅ましさ。

一つは光、一つは怒り、そして、絶望。
…では四つ目は?

「この理解できぬ四つ目のかけらは、お前を穢すかもしれない」

だからお前から離れたのに――
他ならぬお前が、私に教えた。
四つ目の心のかけらの意味を。

思えば、あれはお前が私にくれた
大切なものばかりなのだろう。
お前の声は私の中に降り積もり、
それは「暖かい」ということを知る。
絶望を希望に変えることを。
お前の指が暖かいことを、
お前の心が優しいことを、
己の中に光があることを、
――心があることを。

©2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved
うたまっぷ 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

安倍泰明(石田彰)さん『その蓮(はちす)を埋めるもの』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。




 
公演・出演祝いスタンド花配達
2013年歌詞ランキング500

アニソン歌詞アプリ

歌詞アプリ for iPhone

歌詞アプリ for Android
TOPへ  │  作詞スクール  │  歌詞検索  │  歌詞全文検索・フレーズ検索  │  自作歌詞  │  愛ことば便  │  アーティストクリップ  │  うたまっぷインディーズ  │  俳句・川柳
本日の注目歌詞  │  自作歌詞交流  │  音楽交流・ファン広場  │  楽曲・歌詞コメント集計  │  お問合せ │ 歌詞リクエスト │ 音楽関係リンク │ サイトについて │ プライバシーポリシー