うたまっぷトップ 歌詞検索
      キーワード歌詞検索はこちら 
コメントを書く コメントを見る
     斎藤一(鳥海浩輔)さんのCDへ   CD      斎藤一(鳥海浩輔)さんの楽譜へ   楽譜  
はてなブックマークに追加   Check 斎藤一(鳥海浩輔)さん『一以って之を貫く』について語ります。

無料歌詞検索サイト うたまっぷ
一以って之を貫く
作詞 森由里子 
作曲 小野貴光
斎藤一(鳥海浩輔)
無用な言葉は語らない。
武士たる者
ただ、水火も辞さず
潔く生きるだけだ。
武士たる者
一以って之を貫く。
義を以って忠を貫く。
俺は、其れのみを
此の胸に、生きてゆく。

早朝、きりりと冷たい大気の中
俺は畳の上に坐り眼を閉じる。
ひりつく風が俺の頬を切る。
精神統一。
侍の道。其の深奥を
俺は、見極めたい。

どれくらい時が経ったか。
研ぎ澄まされる静寂。
真の答えは見えない。
もしかしたら俺は
其の答えを探し
見つけるために
此処に居るのかもしれない。
そして、戦っているのかもしれない。

生死に執着せず
武士たる者
ただ、斃れて後已む。
厳然と使命を持つ
武士たる者
一以って之を貫く。
義を以って忠を貫く。
俺は、其れのみを守る。
最期まで守り抜く。

芯のある沈黙。
静かなる闘志。
雄弁なる刀。
他には、何も要らない。
この動乱の世の只中で
其れだけを持ち
其れだけを武器に
俺は、此の道を往く。

やがて 聴こえてきた雨の音。
あの土砂降りの音は
時代が戸を叩く音だ。
精神統一。
其れに押し流されず
俺は極めたい、見つめたい。
此の、厳しき一路の行く末を。

武士道とは葉隠れなり。
武士たる者
ただ死と隣り合わせに
今、此処に生きるだけだ。
武士たる者
一以って之を貫く。
義を以って忠を貫く。
俺は侍。
武士道を守り
極め、生きてゆく。
此の命尽きる刻まで。

©2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved
うたまっぷ 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

斎藤一(鳥海浩輔)さん『一以って之を貫く』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。




 
公演・出演祝いスタンド花配達
2013年歌詞ランキング500

アニソン歌詞アプリ

歌詞アプリ for iPhone

歌詞アプリ for Android
TOPへ  │  作詞スクール  │  歌詞検索  │  歌詞全文検索・フレーズ検索  │  自作歌詞  │  愛ことば便  │  アーティストクリップ  │  うたまっぷインディーズ  │  俳句・川柳
本日の注目歌詞  │  自作歌詞交流  │  音楽交流・ファン広場  │  楽曲・歌詞コメント集計  │  お問合せ │ 歌詞リクエスト │ 音楽関係リンク │ サイトについて │ プライバシーポリシー