うたまっぷトップ 歌詞検索
      キーワード歌詞検索はこちら 
コメントを書く コメントを見る
     沖田総司(森久保祥太郎)さんのCDへ   CD      沖田総司(森久保祥太郎)さんの楽譜へ   楽譜  
はてなブックマークに追加   Check 沖田総司(森久保祥太郎)さん『茫漠たる闇』について語ります。

無料歌詞検索サイト うたまっぷ
茫漠たる闇
作詞 森由里子 
作曲 小野貴光
沖田総司(森久保祥太郎)
夕暮れ刻(どき)
薄れゆく光が
障子の隙間から
刃の如き手を差し伸べる
僕に、共に消えようと
誘っているかのように

嗚呼
それもいいかもしれない
この、悲しみとは違う
悔恨(かいこん)とも異なる
言の葉にならない思い
全てが、無に帰するのなら

茫漠(ぼうばく)たる闇、
墨絵のようなこの風景を
一刻も早く、暗黒に塗り潰してくれないかな?
僕の、この侮蔑(ぶべつ)すべき懊悩(おうのう)を
名づける術(すべ)もなく、葬るために

幽(かす)かなる光、早く逝(ゆ)けばいい
忌々(いまいま)しいこの思いを、
どうか照らさないで
――目を閉じて見える闇に、僕は
この病葉(わくらば)の如き身を横たえる。

滅びゆく光、
君はまた
明日には、輪廻(りんね)するだろう
その時
君に見(まみ)えることができるのかどうか
僕は、知らない
ただ、願わくば、光
血飛沫の中で、
抜け殻になった僕を、照らさないでおくれ

この終焉に近づく身体(からだ)
ときに、変化(へんげ)する忌むべきこの身に
ふさわしいのは闇
光の欠片(かけら)すら見えぬ闇
――目を閉じて見ゆる闇に、
計り知れぬ渦の中に、僕は堕ちてゆく。

もしも、再び
違う時代に生まれ変わることがあるのなら
その時、僕は何を見るのだろう
ここにある曖昧に歪んだ漆黒も
その時は、生まれ変わっているのかな

己(おのれ)と対峙したときだけに生まれる
この懊悩の息の根を止める日
僕は、人知れず宿命の弓に射られるだろう
――目を閉じて見える闇、茫漠(ぼうばく)たる闇。
そこに散華(さんげ)し
胎内で深く眠る赤子の如く
ひとり、身を横たるために。

©2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved
うたまっぷ 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

沖田総司(森久保祥太郎)さん『茫漠たる闇』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。




 
公演・出演祝いスタンド花配達
2013年歌詞ランキング500

アニソン歌詞アプリ

歌詞アプリ for iPhone

歌詞アプリ for Android
TOPへ  │  作詞スクール  │  歌詞検索  │  歌詞全文検索・フレーズ検索  │  自作歌詞  │  愛ことば便  │  アーティストクリップ  │  うたまっぷインディーズ  │  俳句・川柳
本日の注目歌詞  │  自作歌詞交流  │  音楽交流・ファン広場  │  楽曲・歌詞コメント集計  │  お問合せ │ 歌詞リクエスト │ 音楽関係リンク │ サイトについて │ プライバシーポリシー