うたまっぷトップ 歌詞検索
      キーワード歌詞検索はこちら 
コメントを書く コメントを見る
     土方歳三(三木眞一郎)さんのCDへ   CD      土方歳三(三木眞一郎)さんの楽譜へ   楽譜  
はてなブックマークに追加   Check 土方歳三(三木眞一郎)さん『犬返し』について語ります。

無料歌詞検索サイト うたまっぷ
犬返し
作詞 森由里子 
作曲 笹原ノブスケ
土方歳三(三木眞一郎)
刃(やいば)の上を歩くような、険しい道─。
それは犬返し。断崖(きりぎし)の上の細き道だ。
一歩足を踏み外せばそこは地獄。
深き谷底が口を開けて待っている。
それでも俺は、俺たちは、この道を駆け抜ける。
あたかも、いっしんに流れ落ちて行く激流のようにな。

だが俺たちが先へ急ぐのは、己れが平らかな道に出るためじゃねえ。
道なき道を切り開き、あの遙かなる地平へとつなげるためだ。

嗚呼、しかし、こんな犬返しにも桜は咲くんだ。
愛でることは叶わず、ましてや手折ることなど思いもしねえが
瞼を閉じれば桜が咲き続ける。
─それだけでいい。俺は行く。前だけを見つめて。

人は、誰でもひとつの道しか走ることはできねえ。
俺たちの選んだ道は、引き返すことはもちろん、
立ち止まることだって許されねえ。
しかし、俺の目の前には尊(たっと)ぶべき仲間の背中がある。
そして俺の後ろには、疾風(はやて)のようにあとをついて来る奴等がいる。
まるで、迷うことなく共に突き進んで行く獰猛な狼の群れのようにな。

この烈しき時代のうねり、それに押し流されぬため、抗うために、
俺たちは固くこの手を結んだ。そして、魂をも結んで進むと決めたんだ。

嗚呼、この危うい日々も、ふと気づけば春は来る。
あの桜も散ると分かっていながら、繚乱と空を飾る。
その下を、俺たちはこの断崖(きりぎし)の上を疾走(はし)る。
─たとえ二度と会えなくても、懐におまえの記憶をしまったまま…。

断崖(きりぎし)に咲いた桜よ、あんまりおまえが可憐に微笑むから、
俺も、こんな戯言(ざれごと)を語ってしまったのかもしれねえな。

しかし、今日を限りに、俺の全ての想いは胸にしまう。
艶やかなおまえの面影。生涯に一度の想い出。
たとえたまゆらでも、それだけでいい。
─俺は行く。影さえも、残さずに。

©2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved
うたまっぷ 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

土方歳三(三木眞一郎)さん『犬返し』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。




 
公演・出演祝いスタンド花配達
2013年歌詞ランキング500

アニソン歌詞アプリ

歌詞アプリ for iPhone

歌詞アプリ for Android
TOPへ  │  作詞スクール  │  歌詞検索  │  歌詞全文検索・フレーズ検索  │  自作歌詞  │  愛ことば便  │  アーティストクリップ  │  うたまっぷインディーズ  │  俳句・川柳
本日の注目歌詞  │  自作歌詞交流  │  音楽交流・ファン広場  │  楽曲・歌詞コメント集計  │  お問合せ │ 歌詞リクエスト │ 音楽関係リンク │ サイトについて │ プライバシーポリシー