うたまっぷトップ 歌詞検索
      キーワード歌詞検索はこちら 
コメントを書く コメントを見る
     風間千景(津田健次郎)さんのCDへ   CD      風間千景(津田健次郎)さんの楽譜へ   楽譜  
はてなブックマークに追加   Check 風間千景(津田健次郎)さん『鬼火幻想』について語ります。

無料歌詞検索サイト うたまっぷ
鬼火幻想
作詞 森由里子 
作曲 澤口和彦
風間千景(津田健次郎)
俺の、この胸を
もしも誰かが切り裂いたなら
きっと蒼い鬼火が見えるだろう。

人間たちの決めた
掟など俺は知らない。
俺は鬼だ。
呼びたいなら、夜叉とでも呼ぶがいい。

しかし、罪も科(とが)も煩悩も、
人の心が生み出した幻だ。

時の流れの濁流に
弄ばれ流されていく人間どもの
心が生み出した芝居のようなもの。
そう、この世は幻想なんだ。
鬼火のようにな。
だけどそこに生きる人間たちは
浅はかにもそれに気づかない。

人は誰も皆
儚い風花のような存在。
哀れな、いつかは朽ち果てる者どものことだ。
鬼の仮面をつけてみたとて、到底力は及びはしない。

すべて泡沫(うたかた)なんだ。
わかっているのか?
嘘を纏(まと)い
何処(いずこ)へ 行くとしても
どこへも、逃れられやしないのだ。

生きることも滅ぶことさえ
きっとひとときの祭り。
熱き戦(いくさ)の夢よ。

出会うことも別れさえも
ほんの鮮やかな宴。
それとは気付かないまま
一夜見ていた、夢、夢だろう。

人間たちの決めた
掟など俺は知らない。
俺は鬼だ。
鬼であることに誇りを抱いて生きる。生きてゆく。

現実を変えようと躍起になり
足掻きながら幻想の中でさらに幻想を生きる人間たちよ、
俺たち一族の真似をしても無駄だ。
この強さ。この目に見えぬ蒼き炎、
それは人間たちには持ち得ない力なのだから。

俺の、この胸を
もしも誰かが切り裂いたなら
きっと蒼い鬼火が見えるだろう。

人間たちの決めた
掟など俺は知らない。
俺は鬼だ
呼びたいなら
夜叉とでも呼ぶがいい。
夜叉とでも。

©2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved
うたまっぷ 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

風間千景(津田健次郎)さん『鬼火幻想』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。




 
公演・出演祝いスタンド花配達
2013年歌詞ランキング500

アニソン歌詞アプリ

歌詞アプリ for iPhone

歌詞アプリ for Android
TOPへ  │  作詞スクール  │  歌詞検索  │  歌詞全文検索・フレーズ検索  │  自作歌詞  │  愛ことば便  │  アーティストクリップ  │  うたまっぷインディーズ  │  俳句・川柳
本日の注目歌詞  │  自作歌詞交流  │  音楽交流・ファン広場  │  楽曲・歌詞コメント集計  │  お問合せ │ 歌詞リクエスト │ 音楽関係リンク │ サイトについて │ プライバシーポリシー