うたまっぷトップ 歌詞検索
      キーワード歌詞検索はこちら 
コメントを書く コメントを見る
     土方歳三(三木眞一郎)さんのCDへ   CD      土方歳三(三木眞一郎)さんの楽譜へ   楽譜  
はてなブックマークに追加   Check 土方歳三(三木眞一郎)さん『遠雷』について語ります。

無料歌詞検索サイト うたまっぷ
遠雷
作詞 森由里子 
作曲 澤口和彦
土方歳三(三木眞一郎)
聴こえるか?
あの遠い雷(いかづち)の音。
まるで時代の叫び声のように、少しずつ少しずつ、響きを増すあの音が。
そして、見えるか?
天が怒(いか)っているかのような、夜空に刀で亀裂を入れたようなあの稲妻が。

あれは…、俺達の怒りだ。
もし、俺を鬼と呼ぶなら、呼ぶがいい。
俺には、しなくちゃならねえ使命がある。
たとえ雷(かみなり)に打たれ焼け死んでも
俺は、荒れ野を走って行かなくちゃならねえ。
それが、俺の生きる宿命。
俺の選んだ道だ。

しかし、お前にこれだけは言っておく。
俺は、お前のことは守りぬく。
どんなことが起こっても
どんなに時代が変わっても
この想いだけは消えはしない。

聴こえるか?あの近づいてくる足音。
いや、雷に消されても俺にはわかる。
激動の暗闇にあって
俺が出来ることはたった一つ。
そう、闘うことだ。
敵と。
そしておのれ自身と。

新選組。
こんな俺達がいたことを、後世の奴らは笑うやもしれぬ。
愚かかもしれない。
いや、愚鈍なまでに、ひとすじであること。
それが、武士というものなのだ。
命を賭けなくては生きられぬ生き物。
それがサムライなのだ。

そう、俺はサムライになることを決めた。
おのれの志を全うするために
それ以外の選択肢は無かった。
それが俺の決めた定め。
俺にはそれ以外の道などないんだ。

もし、俺について来るというのなら
お前はバカだ。
それでも、俺についてくるというのか?
それでも、俺を信じるというのか?
ふっ、やはり、おまえはバカだな。
俺と同じように。

聴こえるか?あの豪雨、
そして吹きすさぶ風の音。
あれは人々の滂沱の涙の音だ。
憤る嵐の中にあって、
俺がなすべきことはたった一つ。
そう、切り込むこと。
敵に。
そして、この時代を駆け巡る
影に。あの亡霊の群れに。

俺は振り向くことはない。
自分の為したことを悔やむこともしないだろう。
今も、そして、これからも、ずっと。

俺は振り向くことはない。
自分の為したことを悔やむこともない。
今も、そして、これからも、ずっとだ。

©2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved
うたまっぷ 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

土方歳三(三木眞一郎)さん『遠雷』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。




 
公演・出演祝いスタンド花配達
2013年歌詞ランキング500

アニソン歌詞アプリ

歌詞アプリ for iPhone

歌詞アプリ for Android
TOPへ  │  作詞スクール  │  歌詞検索  │  歌詞全文検索・フレーズ検索  │  自作歌詞  │  愛ことば便  │  アーティストクリップ  │  うたまっぷインディーズ  │  俳句・川柳
本日の注目歌詞  │  自作歌詞交流  │  音楽交流・ファン広場  │  楽曲・歌詞コメント集計  │  お問合せ │ 歌詞リクエスト │ 音楽関係リンク │ サイトについて │ プライバシーポリシー