うたまっぷトップ 歌詞検索
      キーワード歌詞検索はこちら 
コメントを書く コメントを見る
     手塚国光(置鮎龍太郎)さんのCDへ   CD      手塚国光(置鮎龍太郎)さんの楽譜へ   楽譜  
はてなブックマークに追加   Check 手塚国光(置鮎龍太郎)さん『Road 第II章〜君へ〜』について語ります。

無料歌詞検索サイト うたまっぷ
Road 第II章〜君へ〜
作詞 置鮎龍太郎 
作曲 置鮎龍太郎/ウザ
手塚国光(置鮎龍太郎)
雨上がりの朝のぞいた
水たまりに映る君の
長い髪が 綺麗だと思った

靴の中の小石気にして
裸足になれるそんな気分
恥ずかしくて 少し後ろ向いた

あの日 窓から見えた
景色に 居てもいいの?

どんなに どんなに 眩しくても
そこに希望があるなら Ah
どんなに どんなに 離れてても
空に 花びら舞うまでに
この心 届けたい

白い雲の形を見て
鳥みたいだねと言ってた
あなたの声 耳に残ってる

はしゃいで走るその影を
いつものように踏みながら
あなたのこと 抱きしめていたい

いつか 歩いてくだろう
その時 うなずいて

どんなに 想いが溢れてても
君の 名前ぐらい呼べるよ
こんなに 大事な君のことを
いつも 笑顔で見てたい
青い光で照らして

どんなに どんなに 眩しくても
そこに希望があるなら Ah
どんなに どんなに 離れてても
空に 花びら舞うまでに
この心 届けたい

どんなに どんなに 眩しくても
瞳に力こめて Ah Ah
足あと いっぱいつけて歩こう
きっと 今日から明日へと
この道は続いてく

©2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved
うたまっぷ 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

手塚国光(置鮎龍太郎)さん『Road 第II章〜君へ〜』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。




 
公演・出演祝いスタンド花配達
2013年歌詞ランキング500

アニソン歌詞アプリ

歌詞アプリ for iPhone

歌詞アプリ for Android
TOPへ  │  作詞スクール  │  歌詞検索  │  歌詞全文検索・フレーズ検索  │  自作歌詞  │  愛ことば便  │  アーティストクリップ  │  うたまっぷインディーズ  │  俳句・川柳
本日の注目歌詞  │  自作歌詞交流  │  音楽交流・ファン広場  │  楽曲・歌詞コメント集計  │  お問合せ │ 歌詞リクエスト │ 音楽関係リンク │ サイトについて │ プライバシーポリシー