うたまっぷトップ 歌詞検索
      キーワード歌詞検索はこちら 
コメントを書く コメントを見る
     C-999さんのCDへ   CD      C-999さんの楽譜へ   楽譜  
はてなブックマークに追加   Check C-999さん『風の歌』について語ります。

無料歌詞検索サイト うたまっぷ
風の歌
作詞 遠藤慎平 
作曲 遠藤慎平/小野田卓史
C-999
夜明けの微かな光が 僕らの位置を照らし出した
二人乗りで駆け抜けた自転車
耳をこする冷たい風 目に映る微かな影
何かを探して夢中で駆けていた

何かが空から降ってきて 思い通りの自分になって
いつの日か輝くと思ってた
待っているだけの背中を 君に押され足を乗せたんだ
掴まってろ 走り出したんだ

見えなかった僕らの位置 それでもただ進んでいく
夜空を見上げて 君は呟いた

たとえ 僕は今闇の中で 数えきれないほど転んでも
それでも続いていくこの道を 光求め

行き先なんて決まってないさ だけどここに立ち止まっていたって
錆付いていく 心の歯車
タイヤの空気が抜けたって 力いっぱいペダルを漕いで
少しずつ風を切ったんだ

見えなかった僕らの位置 それでもただ進んでいく
夜空を見上げる僕に呟いた

たとえ 君は今闇の中で 数えきれないほど転んでも
それでも 続いていくこの道を 光求め 明日へ駆けてゆけ

振り返ればきっといつだって見える
失くしたものとか 置き忘れたもの
その時は迷わず道を引き返せばいいさ

数えきれないほど転んでも 痛みを感じるならそれでいい

やがて夜明けの光が射して 強く伸びてゆく二人の影
その時初めて僕は気付いた 光は今 僕らを照らした

©2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved
うたまっぷ 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

C-999さん『風の歌』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。




 
公演・出演祝いスタンド花配達
2013年歌詞ランキング500

アニソン歌詞アプリ

歌詞アプリ for iPhone

歌詞アプリ for Android
TOPへ  │  作詞スクール  │  歌詞検索  │  歌詞全文検索・フレーズ検索  │  自作歌詞  │  愛ことば便  │  アーティストクリップ  │  うたまっぷインディーズ  │  俳句・川柳
本日の注目歌詞  │  自作歌詞交流  │  音楽交流・ファン広場  │  楽曲・歌詞コメント集計  │  お問合せ │ 歌詞リクエスト │ 音楽関係リンク │ サイトについて │ プライバシーポリシー