うたまっぷトップ 歌詞検索
      キーワード歌詞検索はこちら 
コメントを書く コメントを見る
  朴路美さんのオフィシャルサイトへ  公式サイト      朴路美さんのCDへ   CD      朴路美さんの楽譜へ   楽譜  
はてなブックマークに追加   Check 朴路美さん『瘡蓋』について語ります。

無料歌詞検索サイト うたまっぷ
瘡蓋
作詞 中山加奈子 
作曲 西岡和哉
朴路美
わかりあえるなら とけてゆけるなら
ほかには何もいらないとおもった

たどりついた 薄暗い部屋は 月明かり 浴びて
疲れ果てた ふたつの魂を 包んだ

生きてゆくことは 死に向かうことと
笑いあった あなたの顔がゆがむ

あなたの傷を わたしに見せて 赤くえぐられた痛みを分けてよ
こんなに身体を寄せあっていても 心は遠い

飛べないのは君のせいじゃない "運命"だよと むかし
羽の折れた 小鳥にむかって 教えた

愛し合うことは ふたつの命が
ひとつになることと信じてた頃

わたしの傷の おんなじ場所を あなたにもう一度傷つけてほしい
深い河のような その岸辺に立ち 生まれ変わろう

求めすぎるから 逃げてゆくんだと
伸ばす指の先で 明日が笑う

それでもこうして きつく抱きあうと
叶うわけもない夢が見たくなる

ふたりの傷を重ね合わせて そのままふさいでしまえたらいいね
そしたらふたりは 何が起きたって 離れないのに

時間の流れが瘡蓋のように 夢からわたしを引きはがす前に
もう一度きかせて 気休めのような 愛の言葉を

©2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved
うたまっぷ 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

朴路美さん『瘡蓋』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。




 
公演・出演祝いスタンド花配達
2013年歌詞ランキング500

アニソン歌詞アプリ

歌詞アプリ for iPhone

歌詞アプリ for Android
TOPへ  │  作詞スクール  │  歌詞検索  │  歌詞全文検索・フレーズ検索  │  自作歌詞  │  愛ことば便  │  アーティストクリップ  │  うたまっぷインディーズ  │  俳句・川柳
本日の注目歌詞  │  自作歌詞交流  │  音楽交流・ファン広場  │  楽曲・歌詞コメント集計  │  お問合せ │ 歌詞リクエスト │ 音楽関係リンク │ サイトについて │ プライバシーポリシー