うたまっぷトップ 歌詞検索
      キーワード歌詞検索はこちら 
コメントを書く コメントを見る
     つばきさんのCDへ   CD      つばきさんの楽譜へ   楽譜  
はてなブックマークに追加   Check つばきさん『Coffee』について語ります。

無料歌詞検索サイト うたまっぷ
Coffee
作詞 一色?保 
作曲 つばき
つばき
誰もいない冬の夜に星が流れて今消えていった
いつも願い事は間に合わないな

冷たい風で少し頬が痛い 缶コーヒー飲みながら夜空を見上げた
冬の匂いは何故胸の奥の届かない所で切ないんだろう

君は僕のポケットに手を入れたまま
つまらなそうな顔してうつむいて 歩いてるけど

何処までも続くような 夜空の闇に吸い込まれてゆく
訳もなくセンチメンタルになるね
サヨナラなんて聞きたくはない 言いたくもないから強く手を握る
君の事が時々分からなくなる
まあ それは君も同じ事なんだろうけど

冷たい指で君の頬に触れる 大げさじゃなく今なら君のために死ねるね
出逢えた事が運命か奇跡かなんて どうだっていいよそれよりも
これからもそばにいてよ

君に触れるだけで 何もいらないくらいに満たされてゆくよ
時間が止まればいい この気持ちのまま ずっと…

凍えた体を抱き寄せて 出来れば二人だけの秘密を
作りたいなんて思っているよ
誰もいない冬の空に 星が流れてまた消えていった
いつも願い事は間に合わないな
苦笑いして冷めた缶コーヒーを飲んだ

君を抱きしめてそのままそのまま 二人満たされてそのまま死ねたら
なんてね なんてね…

©2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved
うたまっぷ 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

つばきさん『Coffee』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。




 
公演・出演祝いスタンド花配達
2013年歌詞ランキング500

アニソン歌詞アプリ

歌詞アプリ for iPhone

歌詞アプリ for Android
TOPへ  │  作詞スクール  │  歌詞検索  │  歌詞全文検索・フレーズ検索  │  自作歌詞  │  愛ことば便  │  アーティストクリップ  │  うたまっぷインディーズ  │  俳句・川柳
本日の注目歌詞  │  自作歌詞交流  │  音楽交流・ファン広場  │  楽曲・歌詞コメント集計  │  お問合せ │ 歌詞リクエスト │ 音楽関係リンク │ サイトについて │ プライバシーポリシー