うたまっぷトップ 歌詞検索
      キーワード歌詞検索はこちら 
コメントを書く コメントを見る
  橋幸夫さんのオフィシャルサイトへ  公式サイト      橋幸夫さんのCDへ   CD      橋幸夫さんの楽譜へ   楽譜  
はてなブックマークに追加   Check 橋幸夫さん『子連れ狼』について語ります。

無料歌詞検索サイト うたまっぷ
子連れ狼
作詞 小池一雄 
作曲 吉田正
橋幸夫
(語り)
小高い丘の城跡(しろあと)のくずれかけた東屋(あずまや)で、
その子は父を待っていた。
この日の朝には帰るはずの父であった。
それが三ッ目の朝となり、四ッ目の夜が来て、
五ッ目の朝が雨だった。

しとしとぴっちゃんしとぴっちゃん
しとぴっちゃん

哀しく冷たい 雨すだれ
おさない心を 凍てつかせ
帰らぬ 父(ちゃん)を待っている
父(ちゃん)の仕事は 刺客(しかく)ぞな

しとしとぴっちゃんしとぴっちゃん
しとしとぴっちゃんしとぴっちゃん

涙かくして 人を斬る
帰りゃあいいが 帰らんときゃあ
この子も雨ン中 骨になる
この子も雨ン中 骨になる
あ…… 大五郎まだ三才(みっつ)

しとしとぴっちゃんしとぴっちゃん
しとしとぴっちゃんしとぴっちゃん

ひょうひょうしゅるるひょうしゅるる
ひょうしゅるる

さびしく ひもじい北風
こけし頭を なでていく
帰らぬ 父(ちゃん)はいまどこに
父(ちゃん)の仕事は 刺客(しかく)ぞな

ひょうひょうしゅるるひょうしゅるる
ひょうひょうしゅるるひょうしゅるる

涙かくして 人を斬る
帰りゃあいいが 帰らんときゃあ
この子も風ン中 土になる
この子も風ン中 土になる
あ…… 大五郎まだ三才(みっつ)

ひょうひょうしゅるるひょうしゅるる
ひょうひょうしゅるるひょうしゅるる

(語り)
六ッ目の朝 霜がおりた
季節の変わり目をつげる別れ霜が…

ぱきぱきぴきんこぱきぴんこ
ぱきぴんこ

雨風凍って 別れ霜
霜踏む足が かじかんで
父(ちゃん)をさがしに 出ていく子
父(ちゃん)の仕事は 刺客(しかく)ぞな

ぱきぱきぴきんこぱきぴんこ
ぱきぱきぴきんこぱきぴんこ

涙かくして 人を斬る
帰りゃあいいが 帰らんときゃあ
この子も霜ン中 こごえ死ぬ
この子も霜ン中 こごえ死ぬ
あ…… 大五郎まだ三才(みっつ)

ぱきぱきぴきんこぱきぴんこ
ぱきぱきぴきんこぱきぴんこ

©2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved
うたまっぷ 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

橋幸夫さん『子連れ狼』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。




 
公演・出演祝いスタンド花配達
2013年歌詞ランキング500

アニソン歌詞アプリ

歌詞アプリ for iPhone

歌詞アプリ for Android
TOPへ  │  作詞スクール  │  歌詞検索  │  歌詞全文検索・フレーズ検索  │  自作歌詞  │  愛ことば便  │  アーティストクリップ  │  うたまっぷインディーズ  │  俳句・川柳
本日の注目歌詞  │  自作歌詞交流  │  音楽交流・ファン広場  │  楽曲・歌詞コメント集計  │  お問合せ │ 歌詞リクエスト │ 音楽関係リンク │ サイトについて │ プライバシーポリシー