うたまっぷトップ 歌詞検索
      キーワード歌詞検索はこちら 
コメントを書く コメントを見る
  山根康広さんのオフィシャルサイトへ  公式サイト      山根康広さんのCDへ   CD      山根康広さんの楽譜へ   楽譜  
はてなブックマークに追加   Check 山根康広さん『彼女と映た夏』について語ります。

無料歌詞検索サイト うたまっぷ
彼女と映た夏
作詞 山根康広 
作曲 山根康広
山根康広
週末になれば決まって二人で
夏の海へ出かけた
夜も明けきれぬ誰もいない
浜辺にふたつの影だけ

彼女(きみ)はおきまりのすこし度のきつい
眼鏡越しに笑ってみせる
はしゃいだ素振りで彼女(きみ)の眼鏡を
奪った時のはにかむ瞳

彼女(きみ)と映(み)た夏が蘇る
恋してた夏が鮮やかに
ひとつ年とった今も変わらずに
あの夏が恋しい

海へ抜ける風が胸をすり抜ける
Flash Backに想い出めくって
子供のように陽が沈むまで
夢中でつくった砂の城

彼女(きみ)と映(み)た夏が甦る
恋してた夏が鮮やかに
ひとつ年とった今も変わらずに
あの夏が恋しい

彼女(きみ)と映(み)た夏が蘇る
恋してた夏が鮮やかに
ひとつ年とった今も変わらずに
あの夏が恋しい

©2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved
うたまっぷ 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

山根康広さん『彼女と映た夏』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。




 
公演・出演祝いスタンド花配達
2013年歌詞ランキング500

アニソン歌詞アプリ

歌詞アプリ for iPhone

歌詞アプリ for Android
TOPへ  │  作詞スクール  │  歌詞検索  │  歌詞全文検索・フレーズ検索  │  自作歌詞  │  愛ことば便  │  アーティストクリップ  │  うたまっぷインディーズ  │  俳句・川柳
本日の注目歌詞  │  自作歌詞交流  │  音楽交流・ファン広場  │  楽曲・歌詞コメント集計  │  お問合せ │ 歌詞リクエスト │ 音楽関係リンク │ サイトについて │ プライバシーポリシー