うたまっぷトップ 歌詞検索
      キーワード歌詞検索はこちら 
コメントを書く コメントを見る
     スムルースさんのCDへ   CD      スムルースさんの楽譜へ   楽譜  スムルースさん『雨はもうやんでいた』を試聴ダウンロードする
はてなブックマークに追加   Check スムルースさん『雨はもうやんでいた』について語ります。

無料歌詞検索サイト うたまっぷ
雨はもうやんでいた
作詞 徳田憲治 
作曲 徳田憲治
スムルース
霧雨が音もなく降る街は キミの思い出も湿らす
屋上の金網から のぞいた世界は きゅうくつそうで
まばたきを数回 景色がとぎれてコマ送り
キミは こんな風に 街並を見るのが 好きだった

午後10時駅前からくり時計 ここでよく待ち合わせした
遅刻するのはボクで 今日もキミの待ち姿探してる
長い髪を切って 何かを変えようとしていた
キミは ビルの隙間を眺めて 何を思っていた?

雨はもうやんでいた 街はたたずんでいた
ボクは記憶の中 笑顔のキミを切なく描いて
描いて 何度も 描いて
雨では なにひとつ 洗い落とせない
夜空を 見ていた ぼんやり 見るだけだった
もう やんでいた 雨

街はいつも知的なカメレオン 気持ちひとつで違う色
無表情な人混みほど 孤独を浮き彫りにするんだ
体を通り抜け 雨が心に打ちつけてる
キミは 不安だからと言って よく手をにぎってきた

雨は強まっていった 街はぼやけてかすんだ
ボクは記憶の中 壊れたキミを集めて
抱きしめて 抱きしめて 何度も 抱きしめて
雨から ただただ 体温をなくす
涙が 出なくて 泣き方 忘れていった
強く打ち続く 雨
強く打ち続く 雨

土砂降りが 街を呑み込んでゆく
キミの嫌ったこの街を
キミの愛したこの街を

雨はもうやんでいた 街は黙り込んでいた
消えてしまいたくなった
でも なにも消せないんだ

雨はもうやんでいた 街はたたずんでいた
ボクは記憶の中 笑顔のキミを切なく描いて
描いて 何度も 描いて
雨では なにひとつ 洗い落とせない
夜空を 見ていた ぼんやり 見るだけだった
もう やんでいた 雨
もう やんでいた 雨

©2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved
うたまっぷ 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

スムルースさん『雨はもうやんでいた』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。




 
公演・出演祝いスタンド花配達
オリコンミュージックストアで スムルースさん『雨はもうやんでいた』をダウンロードする

アニソン歌詞アプリ

歌詞アプリ for iPhone

歌詞アプリ for Android
TOPへ  │  作詞スクール  │  歌詞検索  │  歌詞全文検索・フレーズ検索  │  自作歌詞  │  愛ことば便  │  アーティストクリップ  │  うたまっぷインディーズ  │  俳句・川柳
本日の注目歌詞  │  自作歌詞交流  │  音楽交流・ファン広場  │  楽曲・歌詞コメント集計  │  お問合せ │ 歌詞リクエスト │ 音楽関係リンク │ サイトについて │ プライバシーポリシー