うたまっぷトップ 歌詞検索
      キーワード歌詞検索はこちら 
コメントを書く コメントを見る
  あがた森魚さんのオフィシャルサイトへ  公式サイト      あがた森魚さんのCDへ   CD      あがた森魚さんの楽譜へ   楽譜  
はてなブックマークに追加   Check あがた森魚さん『雪ヶ谷日記』について語ります。

無料歌詞検索サイト うたまっぷ
雪ヶ谷日記
作詞 稲垣足穂「雪ヶ谷日記」より 
作曲 あがた森魚
あがた森魚
雪ヶ谷寮は、閑静な避暑ホテルとも取れるカッテージ風建物で
部屋数は約八十
明るい食堂や円形の湯ぶねのあることが判った
スペイン瓦の赤屋根を前景にして、馬込村の丘々の横顔があり
その手前を横切って時々おもちゃのような汽車が通過する

菊の花をちぎって まき散らしたような星
サーチライトは着物の井げたのようだ
星標機が旋回する
トウモロコシの葉っぱが翻って
菊の花をちぎって まき散らしたような星

明方、洋服箪笥のある部屋で目を醒まして
窓の外にべらぼうに大きな星を見た
馭者(ぎょしゃ)座は、ちょうどその上方にあり
右寄りにオリオンの蝶々にせり上がっている

菊の花をちぎって まき散らしたような星
サーチライトは着物の井げたのようだ

夕方、屋上のヤグラに登って、半月のおもてに西洋婦人の横顔を探った
天上界
そしてここから一様に見渡すことのできる下界の樹々
戦争などは歴史のうわっつらのサザナミだ
何もかも昔のままで、しばしの悪夢を見ていたのだという気がする
(八月十七日)

星標機が旋回する
トウモロコシの葉っぱが翻って
星標機が旋回する

屋上のパノラマ風景
馬込村の一郭、木立をまじえた起伏が
ワーズワースという名を連想させる
透明な空気中をカラスが三羽帰って行く
更に西方を渡り鳥が過ぎて行った
その下方に、真紅に縁取られた怪異な雲が突っ立っている
進駐軍にそなえて、女の子と食糧があわててかくされつつある
(八月十九日)

中庭にそよぐトウモロコシの葉ずれ
日々に人々が減って行く広い館の淋しい午後
夕方の展望台で兄と幼い弟との対話-
弟「兄ちゃん、あの山と富士山と同じかい」
兄「くっついているけど、富士山の方が向うにあるんだぞ」
弟「兄ちゃん、お月様は生きてるんかい」
兄「知らないよ」
弟「じゃ誰が廻しているの」
兄「だれも廻してなんかいるもんか」
弟「じゃなぜ動くの。雲も生きているんかい。よう、教えておくれよ」
(八月二十日)

天候回復
風吹いて断雲しきりに東へ飛び、星標機が旋回する
トウモロコシの葉が翻って、草々が光ながらなびいている
空の青をここに移した露草の一点!
郵便局の横で、女の子のノートらしい一片をひろった
「菊の花をちぎって まき散らしたような星
サーチライトは着物の井げたのようだ」
と、そのノートに鉛筆で書いてあった
(八月二十四日)

だいだい色と紺色のぼかしの真ん中に引っかかった白銀の弓
ヘブル人が眺め、ヨブの眼に映ったのと同じ新月
一昨日、新宿で、白い星を描いた、ワゴンを連ねて乗り込んでくる、
アメリカ騎兵隊を見た
ヘルメットをかむった蝋人形の大部隊
これを茫然と見やる群集
浦上天主堂における一万人の犠牲も合わせて
すべては新しい『旧約聖書』のページを繰っている気持ちである
(九月九日)

射すようなヴィナス
秋日和
藤色の富士山
物皆に くっきりと秋の影がついている
(九月十七日)

©2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved
うたまっぷ 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

あがた森魚さん『雪ヶ谷日記』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。




 
公演・出演祝いスタンド花配達
2013年歌詞ランキング500

アニソン歌詞アプリ

歌詞アプリ for iPhone

歌詞アプリ for Android
TOPへ  │  作詞スクール  │  歌詞検索  │  歌詞全文検索・フレーズ検索  │  自作歌詞  │  愛ことば便  │  アーティストクリップ  │  うたまっぷインディーズ  │  俳句・川柳
本日の注目歌詞  │  自作歌詞交流  │  音楽交流・ファン広場  │  楽曲・歌詞コメント集計  │  お問合せ │ 歌詞リクエスト │ 音楽関係リンク │ サイトについて │ プライバシーポリシー