うたまっぷトップ 歌詞検索
      キーワード歌詞検索はこちら 
コメントを書く コメントを見る
     島倉千代子さんのCDへ   CD      島倉千代子さんの楽譜へ   楽譜  
はてなブックマークに追加   Check 島倉千代子さん『すみだ川』について語ります。

無料歌詞検索サイト うたまっぷ
すみだ川
作詞 佐藤惣之助 
作曲 山田栄一
島倉千代子
銀杏がえしに 黒繻子かけて
泣いて別れた すみだ川
思い出します 観音さまの
秋の日ぐれの 鐘の声

ああ そうだったわねぇ
あなたが二十 あたしが十七の時よ
いつも清元のお稽古から帰ってくると
あなたは竹屋の渡し場で
待って居てくれたわねぇ そうして
二人の姿が水に映るのをながめながら
ニッコリ笑ってさびしく別れた
ほんとにはかない恋だったわね

娘ごころの 仲見世あるく
春を待つ世の 歳の市
更けりゃ泣けます 今戸の空に
幼な馴染の お月様

あれからあたしが芸者に出たものだから
あなたはあってくれないし
いつも観音様へお詣りするたびに
廻り道して懐かしい隅田のほとりを
歩きながらひとりで泣いてたの
でも もう泣きますまい
恋しい恋しいと思っていた
初恋のあなたにあえたんですもの
今年はきっと
きっと嬉しい春を迎えますわ

都鳥さえ 一羽じゃ飛ばぬ
むかし恋しい 水の面
あえばとけます 涙の胸に
河岸の柳も 春の雪

©2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved
うたまっぷ 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

島倉千代子さん『すみだ川』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。




 
公演・出演祝いスタンド花配達
2013年歌詞ランキング500

アニソン歌詞アプリ

歌詞アプリ for iPhone

歌詞アプリ for Android
TOPへ  │  作詞スクール  │  歌詞検索  │  歌詞全文検索・フレーズ検索  │  自作歌詞  │  愛ことば便  │  アーティストクリップ  │  うたまっぷインディーズ  │  俳句・川柳
本日の注目歌詞  │  自作歌詞交流  │  音楽交流・ファン広場  │  楽曲・歌詞コメント集計  │  お問合せ │ 歌詞リクエスト │ 音楽関係リンク │ サイトについて │ プライバシーポリシー