うたまっぷトップ 歌詞検索
      キーワード歌詞検索はこちら 
コメントを書く コメントを見る
  さだまさしさんのオフィシャルサイトへ  公式サイト      さだまさしさんのCDへ   CD      さだまさしさんの楽譜へ   楽譜  
はてなブックマークに追加   Check さだまさしさん『椎の実のママへ』について語ります。

無料歌詞検索サイト うたまっぷ
椎の実のママへ
作詞 さだまさし 
作曲 さだまさし
さだまさし
漢口(ハンカオ)の春は 領事館の柳の青
それから池の降る その花の白
甘露園のコール・コーヒー越しに
うちあけられた愛 それが春

漢口の秋は 焼き栗のはじける香り
読み終えた文庫本で うけとめた愛
かぞえの二十二で嫁いでそのまま
終戦を迎え だから秋

天津(テンシン)からひきあげたあと七年たって
彼女は初めての そして最後の子供を産んだ
夫は優しくて働き者だったから 誰もが彼女を幸福(しあわせ)とよんだし
確かに幸福なはずだった

いくつかの春は 知らず知らず人を変え
淡い思い上がりが その心を変え
煙草とコルトレーンの中で2度目の恋を見つけて
それも春

ひとつ屋根の下で やがて別の愛
それぞれが違う 愛を過ごして
一人息子だけが取り残される形で
終わるも愛 つまり秋

みんなの謗りの中で 彼女は故里の長崎へ帰り
小さな喫茶店をはじめた
「椎の実」のママを慕って沢山の若者達が集まり
「椎の実」はいつでも煙草とコルトレーンで一杯だった

僕と同い年の一人息子は おきまりの様に
ビーチボーイズを聴き乍ら一度ぐれた
自分の足で歩き出す迄に随分迷ったけれど
やがてまた元の彼のように歩き始めた
彼は父親を愛するのと同じ位に 母親を愛していたし
僕はそんな彼が大好きだった

長崎の春は 黄砂と凧(ハタ)上げ
一人息子は母と暮らすと決めた
小さな店のカウンターに二人で
立てたらいいねと そんな春

彼がもうひとつの 愛を手にした頃
母は突然に病をみつけた
癒るはずのない病名を知らされて
立ちつくしたのは それも春

まさか彼が母より先に まさか逝っちまうなんて
誰も思わなかった だって恋人と海に出かけて
オールを流されて 飛び込んだまま
だって昨日まで 元気だったんだもの

母は嘆き悲しみ出来るなら私とひきかえにと
今までを悔やんだ
ねェ早かったよ ねェ早過ぎたよ

僕は彼の為に 唄を作った……

ジャズとクラシック以外は耳を貸さなかった彼女が
僕の唄を愛するようになったのはこの頃だった
自分の残り時間のすべてをかけて 息子の為に祈り
それと同じ位に 僕を そして僕の唄を愛した

三度目の手術の後 彼女は生き甲斐だった
お店にも立てなくなってしまった
それでも生きようとしたのは
この時初めてひとつになった 彼女の兄弟達の心と
それから 死んだ息子の為だったと思う

思い起こせば 誰も彼も皆
本当はとても愛し合っていた
わずかなすれ違いが物語を
変えてしまうなんて それも愛

椎の実のママが 死んだ晩に
みんな同じ色の涙を流した
結局愛されて死んていった彼女は
幸福だったと 思っていいかい

ねェ愛されて死んでいったあなたは
幸福だったよね そうだよね

さよなら 椎の実のママ
さよなら 僕のおばさん

©2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved
うたまっぷ 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

さだまさしさん『椎の実のママへ』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。




 
AWA
2013年歌詞ランキング500

アニソン歌詞アプリ

歌詞アプリ for iPhone

歌詞アプリ for Android
TOPへ  │  作詞スクール  │  歌詞検索  │  歌詞全文検索・フレーズ検索  │  自作歌詞  │  愛ことば便  │  アーティストクリップ  │  うたまっぷインディーズ  │  俳句・川柳
本日の注目歌詞  │  自作歌詞交流  │  音楽交流・ファン広場  │  楽曲・歌詞コメント集計  │  お問合せ │ 歌詞リクエスト │ 音楽関係リンク │ サイトについて │ プライバシーポリシー