うたまっぷトップ 歌詞検索
      キーワード歌詞検索はこちら 
コメントを書く コメントを見る
  さだまさしさんのオフィシャルサイトへ  公式サイト      さだまさしさんのCDへ   CD      さだまさしさんの楽譜へ   楽譜  さだまさしさん『残照』を試聴ダウンロードする
はてなブックマークに追加   Check さだまさしさん『残照』について語ります。

無料歌詞検索サイト うたまっぷ
残照
作詞 さだまさし 
作曲 さだまさし
さだまさし
君と二人で旅したあの町 もう僕は帰れない
まして誰かと肩を並べて 思い出は作れない
けれども君はひとりでもしくは 他の誰かと
幾度もあの場所訪ねただろう 思い出を守るため
女心と君は言い 男心と僕が言う
人と人としてなら それは同じものなのに
だからこそ愛し合えるのに
僕らは

君はおそらく別れたあの日の 僕の嘘を見抜いていた
それを承知でいつもの笑顔で 思い出を守った
僕が今更みつめているのは そんな君の残照
遠ざかる程あざやかになり 思い出が動いてる
君の好きだったあの店 君に教わったあの歌
どうしていつまでも忘れない 別のしあわせに居るのに
空に描かれた飛行機雲
いつの間にか ほどけて消えた

©2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved
うたまっぷ 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

さだまさしさん『残照』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。




 
AWA
オリコンミュージックストアで さだまさしさん『残照』をダウンロードする

アニソン歌詞アプリ

歌詞アプリ for iPhone

歌詞アプリ for Android
TOPへ  │  作詞スクール  │  歌詞検索  │  歌詞全文検索・フレーズ検索  │  自作歌詞  │  愛ことば便  │  アーティストクリップ  │  うたまっぷインディーズ  │  俳句・川柳
本日の注目歌詞  │  自作歌詞交流  │  音楽交流・ファン広場  │  楽曲・歌詞コメント集計  │  お問合せ │ 歌詞リクエスト │ 音楽関係リンク │ サイトについて │ プライバシーポリシー