うたまっぷトップ 歌詞検索
      キーワード歌詞検索はこちら 
コメントを書く コメントを見る
     徳永英明さんのCDへ   CD      徳永英明さんの楽譜へ   楽譜  徳永英明さん『夏のラジオ』を試聴ダウンロードする
はてなブックマークに追加   Check 徳永英明さん『夏のラジオ』について語ります。

無料歌詞検索サイト うたまっぷ
アクセス回数:6回 リリース日:1987年12月5日
夏のラジオ
作詞 秋谷銀四郎 
作曲 徳永英明
徳永英明
泳ぎついた 入江の奥
水着のまま くちづけた
人魚のような 裸の胸
青い波間に 揺らめいた

じりじり灼けた 背中の痛み
今でも覚えているよ
いつか帰ってきてと つぶやいた
君の涙と

夕立の ボートの陰にかくれ
二人聴いてたラジオ
忘れない あのメロディーだけが
愛を振り返る

暮れ落ちてく 都会の隅
哀しみだけ すれ違う
家路を急ぐ 人にまぎれ
あの夏のドアを さがすよ

二人で飲んだ ソーダの瓶に
とじこめたままの メモリー
今は戻れぬ あの日の渚に
ただよい浮かぶよ

海岸のガードレールにもたれ
二人聴いてたラジオ
風に舞う あのメロディーだけに
夏がうずくまる

夕立の ボートの陰にかくれ
二人聴いてたラジオ
忘れない あのメロディーだけが
愛を振り返る

©2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved
うたまっぷ 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

徳永英明さん『夏のラジオ』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。




 
公演・出演祝いスタンド花配達
オリコンミュージックストアで 徳永英明さん『夏のラジオ』をダウンロードする

アニソン歌詞アプリ

歌詞アプリ for iPhone

歌詞アプリ for Android
TOPへ  │  作詞スクール  │  歌詞検索  │  歌詞全文検索・フレーズ検索  │  自作歌詞  │  愛ことば便  │  アーティストクリップ  │  うたまっぷインディーズ  │  俳句・川柳
本日の注目歌詞  │  自作歌詞交流  │  音楽交流・ファン広場  │  楽曲・歌詞コメント集計  │  お問合せ │ 歌詞リクエスト │ 音楽関係リンク │ サイトについて │ プライバシーポリシー