うたまっぷトップ 歌詞検索
      キーワード歌詞検索はこちら 
コメントを書く コメントを見る
  STANCE PUNKSさんのオフィシャルサイトへ  公式サイト      STANCE PUNKSさんのCDへ   CD      STANCE PUNKSさんの楽譜へ   楽譜  STANCE PUNKSさん『夜の片輪車』を試聴ダウンロードする
はてなブックマークに追加   Check STANCE PUNKSさん『夜の片輪車』について語ります。

無料歌詞検索サイト うたまっぷ
夜の片輪車
作詞 川崎テツシ 
作曲 川崎テツシ
STANCE PUNKS
通り過ぎた夏の幻が夜の風に吹かれて僕を呼んでいる
水銀灯に照らしだされたのは
雨に濡れた歩道橋の一番冷たい所

暖かい声、僕は噛み締めるよ
いつしか世界が僕の片端な心を引き裂いても
微唾む時間に心の空白を埋める作業を繰り返して
・・・また朝が来る

木枯らし吹き曝せば浮き彫りになる現実が
息苦しい毎日を突き付けても
君と過ごした夏の星空の下 確かに僕らは笑っていた

僕らの声よ夜に響き渡れ 綺麗な言葉で汚されてしまう前に
僕らの歌よ空に響き渡れ 君が詠ったあの詩は今も胸の中

©2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved
うたまっぷ 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

STANCE PUNKSさん『夜の片輪車』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。




 
AWA
オリコンミュージックストアで STANCE PUNKSさん『夜の片輪車』をダウンロードする

アニソン歌詞アプリ

歌詞アプリ for iPhone

歌詞アプリ for Android
TOPへ  │  作詞スクール  │  歌詞検索  │  歌詞全文検索・フレーズ検索  │  自作歌詞  │  愛ことば便  │  アーティストクリップ  │  うたまっぷインディーズ  │  俳句・川柳
本日の注目歌詞  │  自作歌詞交流  │  音楽交流・ファン広場  │  楽曲・歌詞コメント集計  │  お問合せ │ 歌詞リクエスト │ 音楽関係リンク │ サイトについて │ プライバシーポリシー